花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行

車中泊の旅 その4 美瑛

投稿日:

車中泊の旅 3日目。
いよいよ旅の最終日となりました。
前日9時前に寝たせいで、この日目覚めたのは朝の3時半。
さすがにこの時間なら洗面所は空いているはず‥。
でもドアを開けると、既に2人の先客の姿があり驚きました。
ここではみんな早起きです。
P7151176.JPG
「おはようございます。早いですね。どちらからいらしたのですか?」
これがきっかけで、会話が弾みました。
東北からいらしたという女性は、70代後半。
母とそれほど変わらない年齢と聞きびっくり。
大病をして20Kgも痩せたこと。
胸にペースメーカーが入っていること。
長年の夢だった北海道旅行がついに叶ったこと。
旅行はひと月の予定で、年下の御主人様と2人で回っていること。
何処も素晴らしくて、ひと月じゃとても足りないと思っていること。
久しぶりに会った旧知の友に語るように、夢中で話してくれました。
車中泊同士の連帯感のようなもの
あるいは旅という特別な時間が、そうさせたのかもしれませんね。
旅っていいですね。
車に戻って簡単な朝食を済ませ、荷物をまとめました。
美瑛の丘を回ったら、あとは家に戻るだけ。
さわら、もう少しで帰るからね。
パッチワークの路エリアから
P7151320.JPG
名もない丘の風景
P7151210.JPG
セブンスターの木
P7151364.JPG
ケンとメリーの木
P7151229.JPG
美瑛の丘の美しさは、やはり本物ですね。
農作物や牧草地で彩られた広大な丘。
雲の影が丘を走る様を、しばらく黙って眺めました。
※※※ ※※※ ※※※ ※※※ 
旭岳で鳥待ちをしているとき、初老の女性に尋ねられました。
「みんな一緒の集まりですか?」
一人の青年が答えました。
「いえ、別々です。」
「でも目的が一緒なんです。」
年齢も、住む場所も、何もかも違う集まりが
赤い鳥でひとつになります。
同じ目的でできる仲間って いいですよね。
ガーデニングもそうかな。
さあ、これで人生初の車中泊の旅も終わりです。
まとまりのない旅行記に長々とお付き合い戴きましたこと、心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

-旅行

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.