花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行

思わぬ出会い

投稿日:

最初は 「 へぇ この辺り(岩見沢)にもきれいな菜の花畑があるんだな 」
そのくらいにしか思っていなかったんです
P5290037.JPG
でも あまりにも菜の花の黄色が鮮やかで
あまりにも空が青いから
通り過ぎることができなかった
旅の道草 それもありかな
車を降りた途端 むせ返るような菜の花の香りに包まれ
一気に日常が遠のいていく気がしました
路肩から 花畑を撮っていたら
一人の男性が ゆっくりこちらに近づいて来るのが見えました
マズイ
写真 ダメだったかな‥
P5296249.JPG
豆粒だった男性が近づくにつれ
顔がこわばるのが自分でもわかりました
誠心誠意 謝ろう
30m ほどまで近づいたとき
男性が片手に何かを持っているのに気がつきました
あれは なんだろう?
 
P5296268.JPG
と 次の瞬間 写真仲間が男性に
無断で写真を撮ったことを詫びる声が聞こえてきました
( しまった 先を越されてしまった)
男性は 笑いながら
「 いえいえ どうぞどうぞ」 と言い 手に持っていたものを
写真仲間に手渡しました
それは蜜のたっぷり詰まった 美しい蜂の巣でした
男性は 何処の誰ともわからない私達に
採れたての蜂蜜をご馳走してくれたのです
へっ 叱られるんじゃなかったんだ
まさかまさかの展開に 驚くやら 感激するやら
こんなことって あるんですね
菜の花畑の中で 滴り落ちる蜂蜜を舐めました
とろりとした蜜は透明に近く
市販のそれとは まったく別物の味がしました 
美味しい
今まで食べたどの蜂蜜より美味しい
持ち上げた蜂の巣の向こうに 真っ青な空が広がっていました
甘い甘い菜の花の香りがしました
P5290003.JPG
蜂蜜をご馳走してくださったのは
北広島に直売店のある 荒井養蜂場のみなさん
1939年創業というから 養蜂を始めて もう80年近くになるんですね
P5290023.JPG
作業はご家族総
出で
P5296269.JPG
P5290010.JPG
冬の間は蜂の越冬のため 鹿児島で過ごすのだそうです
トラックでの大移動
春から晩秋までは北海道
冬は鹿児島
なんだか すごい
P5296276.JPG
養蜂家のみなさんのご親切 忘れません
ほんとうにありがとうございました
直売店に必ず伺いますから (笑)

-旅行

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.