花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

園芸作業

寄せ植えの後始末

投稿日:

133756(1).JPG

数日前から風邪気味で、ベッドの上でゴロゴロしていましたが、やっと回復。今日は久しぶりに庭仕事をがんばりました。

何をがんばったかと言いますと、それは寄せ植えの後始末。

寄せ植えに使った植物は、性質によって、処分するもの(一年草)、地植えにするもの(外で越冬する宿根草)、室内に取り込むもの(室内で越冬するもの)に分けて作業します。ちなみに我が家の場合、地植えにして越冬させるものは、ツボサンゴ、リシマキア、ラミウム、ペンステモン、ワイヤープランツ、ツルニチニチソウ、カレックスなどがあります。 

左の写真は、寄せ植えに使っていたツボサンゴ(ヒューケラ)です。鉢から取り出し、地面に移植しました。こうしておけば、来年も元気に芽吹いてくれます。春になったら堀りあげ、また寄せ植えに使うこともできますよ。

オリヅルランなどは、耐寒性が無いので、室内に取り込みます。単独の鉢植えにして、部屋にディスプレーすれば冬の間も楽しめます。

土はふるいにかけ、根を取り除いて再利用します。地味で面倒な作業ですが、また来年キレイな花や葉を楽しむためには欠かせない作業です。皆様、共にがんばりましょうぞ~♪ 

-園芸作業

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.