花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

動物

夏の庭 その1

投稿日:

P7076264.JPGP7076307.JPG

花の命は短くて‥。
庭を引きしめていたスタンウェルパーペチュアルが咲き終わり、昨日の雨でノイバラの花もすっかり散ってしまいました。
今の頼みの綱はアンジェラ。
鮮やかなピンクの花は、落ち着いた庭の良いアクセントになってくれています。(写真左上)我が家の庭というと、やはりこの写真のイメージ。アンジェラ~、ファイトだよ~!少しでも長くへばりついていておくれ~。
右上の写真ポールズヒマラヤンムスクも、ハラハラと散り始めました。
これから花が咲くという時期は期待でワクワクですが、咲き終わった花が増えてくるっていうのは ちょっと寂しいもんですね~。
P7064968.JPG
P7106906.JPG
せっかく咲いたバラの花。
散ってしまう前に記念撮影といきましょう~!
左端のバラは、ラプソディーインブルー。隣の白いバラは、グラミスキャッスル。
どちらも花付きがよく、それほど大きくならないバラです。
P7106921.JPG
P7106937.JPG
こちらはアプリコット系のバラ。黄色味の強い左側のバラが、ジェーンオースチン。春先に強く剪定しても、枝がグングン伸びてきます。小さなアーチや小型のオベリスクなどに使うといいかもしれません。
右側のバラは、アブラハムダービー。大輪の美しいこの花は、1度咲くとなかなか散りません。秋遅くまで元気に咲き続けるこのバラは、おまさイチオシのバラです。
P7096883.JPG

P7106942.JPG

さて、お次はクレマチス!
白い小さな花を咲かせているのは、以前にも紹介したサマースノー。小さくて素朴なこの花は、株をおおうように 今ビッシリと咲いていま~す。
右側のシックな濃い紫の花は、ロマンチカ。ホワイトコーナーの引き締め役として、こちらもただいま重大任務を遂行中です。
 
P7076303.JPG

P7064936.JPG

P7106915.JPG

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P7064961.JPG
P7076283.JPG
ジギタリスやムラサキツユクサ、アルケミラモリス、サルビア(ネモローサ)、ペンステモン、ゲラニウム(ジョリービー)‥。夏の暑さにも負けず、宿根草も頑張ってくれています。
左の写真のバラは、マサコとブラッシュノアゼット。隣り合わせに植えています。花径の違うバラを組み合わせ、ちょっと気に入っています。
華やかな庭を楽しめるのもあとわずか。花の命は短くて‥。って、さっきも言いましたね。
花がら摘みと、落ちた花びらの掃除に明け暮れる毎日。大変だぁ~と思いつつも、それももう少しすれば終わり。そう思うと、この時間もちょっと愛しいかも‥。
おまけ    虫しゃん 見~つけたぁ!
            
P6302964-1.JPG
P6302962-1.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

-動物,

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.