花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

蝦夷梅雨到来 その2

投稿日:

P7147444.JPG

P7147455.JPG

P7147495.JPG

今日は朝から雨。シャラの花には、雨がよく似合います。 

ツバキに似たこの素朴な花は、1日花。花を咲かせた翌日には、儚くぽとりと地面に落ちてしまいます。
庭を見にいらした方の中に、落ちた花を小鉢に入れて楽しんでいるという方がいらっしゃいました。女性らしいステキな発想だなぁ~。ゴミ入れにポイと投げ捨ててしまう私とは、大違いだぁ。そう言えば昔から、女性らしさに欠けるとよく言われていたっけ‥。  
右側の赤い実は、ジューンベリーの実です。雨の中、これもとてもキレイに見えました。

P7147460.JPG

P7147498.JPG

左の写真は、メドースィート。ロクベンシモツケです。

バラ科の宿根草で草丈は1m近くになります。
肉眼では分かりませんが、望遠レンズを通して見ると小花がびっしりと咲いているのがよく分かります。
写真をクリックしてみてね ♪ カチッ!
P7137422.JPG

P7147504.JPG

アナベルには緑の花が咲きました。これから少しずつ、白く大きくなっていきます。

初夏の花が咲き終わり、バラの花もお休みになる頃、このアナベルは庭に彩を加えてくれます。

それにしても‥早春に地際近くの1芽、2芽を残してバッサリと剪定したというのに、ずいぶん大きくなりました。せっかく咲いたワイトメイディランドが、アナベルに隠れてしまいました。かわいそう‥何とかせねば‥。

 

P7147492.JPG

P7147501.JPG

カンパニュラ(ラプンクロイデス)も涼しげな花を咲かせ始めました。

背の高い宿根草の宿命で、雨が降ると傾いたり倒れたり‥。その都度支柱を立てたりしていましたが、これが手間。今年は手抜きで鉢スタンドを利用してみました。ちょっとクオリティーが下がるけど、背に腹は代えられないので我慢我慢。

アスチルベは、今のところ雨に耐えて倒れずに頑張っています。ファイト~!

 

P7147511.JPG

P7147519.JPG

何度か登場しているバラ、ジェーンオースチンとブラザーカドフィールです。雨に打たれてもへこたれずに咲いています。なんと健気な‥。

こうして見ると、雨の日のバラも捨てがたいですね。ただし豪雨となると別ですけれど!

 

P7054879.JPG

P7137334.JPG

雨が降ると分かっている時は、傷みそうなバラや草花を思い切ってチョキン!なんてどうでしょう?

家の中で楽しむっていうのも、いいかもしれませんよ。リッチ、リッチ ♪

おっと さわら~、お願いだから花瓶を倒さないでよ~。 

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.