花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行

家族旅行+α その3 うろこの家

投稿日:

国の有形文化財になっている「異人館うろこの家」。文化庁の看板には、旧ハリアー邸と表記されていました。
元々は外国人向けの高級借家として建てられたものだそうで、それが明治後期に現在の場所に移築され異人館として公開されるようになったとか。
天然石で覆われた外壁は、まるで魚のうろこのようです。なるほど‥「うろこの家」、納得です。
P6032196.JPG
P6032327.JPG
隣接された「うろこ美術館」には、たくさんの絵画が展示されていていました。
後でユトリロの作品も展示してあったと知り、びっくり! 
時間に ゆとりろ があれば、じっくり観ることができたのに‥残念です。えへ。
美術館の入口付近に置かれた彫像。これがまた印象的でした。
建物との調和、周りに植えてある植物とのバランス、これが絶妙でして。樹木の緑と、そばに植えられたユーフォルビアの洗練された美しさ。いいですね~。
でも1番感心したのは、「どの方向から見ても彫像が美しく見えるように計算されている」ということ。
庭づくりのお手本にしたいですよね ♪
 
P6032211.JPG
P6032214.JPG
P6032219.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて「うろこの家」の中に入って、これまたびっくり!
アンティークな高級家具や調度品がズラ~ッと並んでいて、もうため息の連続でした。
パシャパシャ写真を撮ってきましたので、よろしければご覧ください。
P6032256.JPG
P6032245.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オールドティファニーやエミール・ガレの照明。
ふぅ~、美しい~。
 
 
P6032288.JPG
P6032261.JPG
P6032306.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
続いて、欧州の陶磁器の一部を‥。
館内には、マイセン、ロイヤルコペンハーゲン、ペインテッド・フルーツと、豪華な陶磁器がズラ~っと並んでおりました。

P6032248.JPG

P6032249.JPG
P6032251.JPG 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左下の象牙細工の丸テーブルは1850年頃につくられたティーテーブルで、英国製。
イギリスの貴族は、こんな豪華なテーブルでお茶してたたんだなぁ‥。
ちなみに日本は、この頃江戸時代。黒船の来航が1953年というから、う~ん‥唸ってしまいます。
それでもって右下のドラゴンは、「王家の橇(そり)」‥の一部です。
レンズが大きすぎて橇の全体を撮ることができませんでした。
1750年頃に作られたもので、デンマーク王室で使われていたのだそうです。
P6032300.JPG
P6032312.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3階の展望室からの眺めた神戸の街並みに、震災の傷跡は見当たりませんでした。
P6032227.JPG
P6032314.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1泊2日の小旅行。
駆け足で忙しかったけれど、久しぶりの子供達との再会は嬉しかった~。
ヒゲ君も一緒だったらなぁ‥。おっといけない。ヒゲ君の分も、愉しく! だったね ♪
M&U1 それからPi ちゃん、どうもありがと~!
     おまけ
P5239802.JPG
さわら、ただいま~♪

-旅行

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.