花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

園芸作業

おまさ うどんこ病のスモークツリーを抜く

投稿日:

 

スモークツリー(緑葉)

隣家との塀沿いに 目隠し用に植えたスモークツリー

小麦粉を振りかけたような白い葉は うどんこ病によるものです

夏が過ぎ 気温が下がり始めると 葉という葉がすべて白くなってしまいます

もう何年も前からずっとこの調子で

風通しをよくするために枝を透かしても

殺菌剤を散布しても

なかなか思うような効果が出ません

というより 状態は年々悪化の一途でした

 

 

玄関を通るたびに 真っ白になった葉が目に入るのでは

お隣さんにも申し訳ありません

あれこれ考えた挙句 思い切って抜くことに決めました

 

樹高は3~3.5mほどに抑えていましたが 幹の太さは 1番太いところで およそ10cm

覚悟はしていましたが 掘り出すのも 処分のために幹や枝を切りそろえるのも 大仕事でした

 

 

カラマグロスティス ブラキトリカ

抜いた跡には カラマグロスティス ブラキトリカ を移植することにしました

カラマグロスティスは オーナメントとして十分に通用する

大型の美しく存在感のあるグラスです

大きく枝を伸ばしたチシマザクラのそばで 窮屈そうにしていたので

移植はカラマグロスティスにとっても好都合でした

 

で 移植したあとは こんな感じ

今の時期は まずまずの収まり具合ですが

春から初夏にかけては高さが足りずスカスカになりそうなので

手前にジギタリスを植えようかと思案中です

ちなみに写真に見えている濃い赤は セダム(オータムジョイ)

その後ろの草丈の低いグラスは 斑入りのフウチソウです

 

先日 庭のナツツバキにウグイスがやって来ました

ほんの一瞬のことでしたが 渡りの時期には 普段見られない野鳥が庭に現れます

それもこれも 庭木があるおかげ

また1本減った我が家の庭

管理は少し楽になるけど 寂しさがじわりと押し寄せてきます

 

 

tips

うどんこ病

葉の表面に白いカビが生える病気で 乾燥した時期に発生しやすく

放っておくと植物を弱らせてしまう

原因は土や落ち葉の中に潜んでいる糸状菌(カビ)

20~ 25℃の比較的乾燥した条件で発生し

昼夜の温度差が大きくなると さらに症状が悪化する

 

 

 

おまけ

しょうがないよ

 

 

 

-園芸作業
-, , , ,

Copyright© 花咲かおまさ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.