花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

自然

オオスズメバチと肉団子

投稿日:

 

濡れ縁に続くキッチンの窓を開けたら

すぐそばの つるバラに オオスズメバチがぶら下がっているのが見えました

慌てて網戸を閉め 家の中から確認すると

片足を花びらにひっかけ 宙ぶらりんになって なにやらもぞもぞやっています

えっ いったい何やってんの?

 

とりあえず 網戸越しに写真を1枚

ダメだ ぼやけて全然使い物にならない

大きく息を吐いたあと 意を決して網戸を開けパシャパシャ

 

そのときに撮った写真がこれです

オオスズメバチ

 

撮った写真を確認したら なんとこのオオスズメバチ

昆虫をバリバリと喰らっているところでした

喰らっていると書きましたが

かみ砕いて団子状態にしているといった方が正確かもしれません

成虫は 固形物を食べることができません

あまりにもくびれが細すぎて 固形物が通らないのだそうです

じゃあ 肉団子はどうするのかというと

これは幼虫に食べさせるため

団子状にした餌を巣まで運び 細かくかみ砕いて口移しで幼虫に与えるのだとか

代わりに成虫は 幼虫から栄養価の高い分泌液をもらうそうですよ

これを「栄養交換」 というそうで

いや~すごいシステムですね

 

それにしても 迫力満点です

 

ただでさえ攻撃性の強いオオスズメバチですが

一番狂暴になる時期は 8月から10月

いよいよ危険度が増してきました

よい子のみんなは 決して近づかないようにね

 

ちなみにスズメバチを見たからといって 近くに巣があるとは限らないようです

その理由は 行動範囲の広さ

餌が豊富な時期は 巣から半径1~2Km

餌となる虫が少なる秋(9月中旬以降)には

なんと10Kmもの距離を移動するそうです

 

以上 オオスズメバチ レポートでした

 

 

 

おまけ

いや~ 怖い

 

 

 

-自然
-, ,

Copyright© 花咲かおまさ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.