自然

野道を行けば

 

庭の冬支度がすっかり終わり

わたくし ついに 鳥見モードに入りました

天気のいい日は カメラを車に積み込み 気ままに近場を走ります

 

車の前を歩いていたのは キタキツネ

フサフサとした豊かな冬毛におおわれた 美しいキツネです

 

驚かさないように 最徐行で後をついて行きます

 

鮮やかな緑の草地を 大股で走っているのは オオハクチョウの家族

これでもかというほど姿勢を低くして

それ 走れ 走れ!

 

テイクオフ!

 

ゆったりとした羽ばたきが ハクチョウの持つ優雅さを際立てます

陽の光に透ける白い羽の美しさに 見とれながら

 

いつしか私もハクチョウになって

 

大空を羽ばたきます

 

恵庭岳

 

樽前山

 

ナナカマドと恵庭岳

 

 

帰り道 農道わきの林縁に ガガイモの実を見つけました

路肩に車を停め 写真を撮ります

紡錘形の袋果が裂けて 中から綿毛のついた種子があふれ出ています

強い風が吹けば ふわふわと空中を漂う 軽い軽い種です

ガガイモの種

 

ガガイモの背後の林から ジュルジュルという鳴き声が聞こえてきて

心臓がバクバクと鳴り出します

今季初めてのシマエナガです

あっ あれだ

薄暗い木立の奥を 4,5羽の白い小鳥が飛んでいるのが見えます

ちょっと遠いなぁ

 

シマエナガが林の縁に移動してきた頃には 辺りはすっかり薄暗くなり

小雪がちらつき始めていました

シマエナガ

 

突然 マガンの甲高い声が聞こえ 振り返ると

沼の上空を マガンの大群が一斉に飛び立つところでした

慌ててレンズをマガンに向けて 夢中でシャッターを切ります

 

マガンの群れは まるで海を泳ぐ魚のように見えました

 

原因は おそらくオジロワシ

人騒がせなオジロワシ

これっぽっちも 悪気なんてないんでしょうけれど

 

田舎道を走りながら のんびりと心惹かれるものを探します

また 冬の暮らしが始まりました

 

 

おまけ

あっ シジュウカラ

 

 

POSTED COMMENT

  1. 344Akemi より:

    優雅な白鳥の羽ばたきと 空を飛ぶ美しい姿・・・その経過が、おまさちゃんカメラで追うとドキュメンタリーな感じ!
    冠雪の恵庭岳が見えて、きっと寒い空気の中での撮影だったのでしょうね~
    シマエナガのふっくら丸い体と丸い目が何とも可愛いな~
    マガンの大群すごいのね~
    さわらちゃんの立派なキャットタワー
    バースデープレゼントに買ってもらったの?お家で活動的にお外の観察が出来そうね~!!

    • omasa より:

      344Akemi 様

      風が強い日は体感温度がうんと下がるけど 
      この日は風がなくて 日も高くなっていたから それほど寒くなかったよ
      気温も3℃前後はあったんじゃないかな

      シマエナガ かわいいでしょ
      ふわふわの白いお顔に つぶらな黒い瞳と小さなくちばしがトレードマークなの
      愛媛にもエナガがいるよ
      シマエナガにそっくりで かわいいよ~
      キャットタワーは 娘からのプレゼントなの
      さわらお気に入りの場所だよ

  2. katananke05 より:

    おまささんの 美しい鳥たちの飛翔を見るたびに
    もう10年以上も前に見た ドキュメンタリー映画の
    「WATARIDORI]  をおもいだします〜
    飛来してきた鳥たちにも 帰る鳥たちにも
    幸せな 大地が 待っていますように、、
    今年もシマエナガたちの 団子状態、、
    上手く写真で 見せていただけるかしらね〜

    • omasa より:

      katananke05 様

      ハクチョウやヒシクイ マガンは 大きい鳥だから 渡り鳥のなかでも迫力がありますよね
      命がけの過酷な旅に備え ここで英気を養ってもらいたいです

      シマエナガ団子ね 残念ながら私はまだ一度も見たことがないんです
      いつかの夏 ヒナが連なる姿を見たいものです

  3. ここよこ より:

    オオハクチョウの写真は、
    動きが感じられて
    テイクオフは思わず力が入ってしまいます。
    そして
    白樺の木をバックに
    小雪が降る中
    小枝にとまるシマエナガの
    可愛らしいこと!
    おまささんの冬の写真も楽しみです!

    • omasa より:

      ここよこ様

      力が入っちゃいましたか?
      私もそうです
      ハクチョウが大地を蹴り懸命に走るとき 一緒になって走り
      ハクチョウがふわりと浮き上がるとき 一緒に浮き上がります
      美しい山並みを背景に飛ぶときは 私も空を羽ばたきます
      もちろん イメージですけどね

      シマエナガ ようやく会えました
      山から下りて来たんですね
      これからが楽しみです

  4. みゃおまま より:

    あたりまえですが
    今この時にも沢山の生き物たちが
    一生懸命生きていることを実感しました
    白鳥はあんな体制でどれくらいの距離を走ったら飛べるのだろう?
    力をもらった感じです

    カタログの写真に惹かれ買った絵本
    「山はしっている」その中に
    「夜が朝になるように 世界もかわっていく 永遠につづくこともあれば 進化するものもある かわらないのは 生きること」心にしみたことば 思い出しました おまささんの写真を思わせる絵もあって

    • omasa より:

      みゃおまま様

      都市化した社会に生きていると 些末なものは見逃しがちになりがちになります
      だから時々意識して 他愛もないもの(実は価値がある)に焦点を合わせるようにしています
      人は特別な力を持っているけれど それでも動物の仲間
      自然の一部であることに違いはありません
      そのことを忘れると とんでもない間違いを犯しそうで怖いのです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です