花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

その他 草花

ノボリフジ

投稿日:

お隣の畑のルピナスが満開です。
ノボリフジ(昇藤)って言うんだよ。
そう教えてくれたのは、畑に苗を植えたご本人でした。
P6060018.JPG
藤の花が逆さまになったように見えるから、昇藤なんでしょうね。
花は下から順番に開いていきます。
個人的には、上まで開ききった姿よりこのくらいが好みです。
花壇に植えるには場所を取るし、1株だけ植えても様にならない。
ルピナスは群生させると見応えがあります。
畑に広がるルピナスを見ながら、
心底「ありがたいなぁ。」と思うのです。

※※※ ※※※ ※※※
私は草花の衝動買いをほとんどしません。
「植え場所がないから」というのが大きな理由ですが、
先日堪えきれずに宿根草を買ってしまいました。
トロリウス・クルトルム" アラバスター "
Trollius ×cultorum " Alabaster "
キンポウゲ科、キンバイソウ属

P6050020.JPG

ボタンキンバイの仲間で、花色は淡いレモンイエロー。
写真の株はまだ完全に開いていませんが、
開いた花はころころとしていて、まるでポリアンサローズのようでした。
花は晩春だけでなく秋にも花が咲くそうで、
耐寒性、耐陰性ともに優れているというからすごいでしょ。
‥で、我慢できなくなりました。(笑)
トロリウスは、午前中たっぷりと陽の当たる東側の花壇に植えてやりました。
広がり過ぎたプルモナリアを整理して‥。
そうなんですよね。
何かを1つ植えるためには、何かを1つ処分しなきゃならない。
いい場所が見つからなきゃ、鉢植えで育てるか、
ポット苗を持ったまま庭をうろうろする羽目になっちゃう。
まっ、とりあえず今回は、まずまずの植え場所が見つかったのでセーフでしたけれど。
大株になってレモンイエローの花が株を覆うようになったら、
もしかしたらあなたの所へお嫁にいくかも~。

-その他, 草花

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.