花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

自然

春の風景 エゾアカガエル

投稿日:

キャララ キャララ
森の中を散策中 聞き慣れない鳥の声が聞こえてくる
それも大合唱だ
ドキドキしながら鳴き声の方に進むのだけど
近づくとピタリと鳴き止む
辺りに鳥の姿はない
諦めてその場を離れるのだが
しばらくすると またしてもあの大合唱が聞こえてくる
そんなことを何度か繰り返し
狐につままれたような気分になったことがある
あれは 今から何年くらい前のことだったろうか
P4217327.JPG
その後 写真仲間から
それは蛙の鳴き声だと教えられたときも
にわかには信じがたかった
だって 蛙といえばゲコゲコでしょ
エゾアカガエルは 日本では北海道でしか見られない蛙だそうで
オスの体長はおよそ5 cm
メスはそれより一回り大きく 7 cm くらいはあるとのこと
見慣れたアマガエルは2~4.5 cm というから
ずいぶんと大きい
鳴くのは繁殖期の雄だけ
キャララ キャララの鳴き声は
北国の春の風物詩となっていた
P4217338.JPG
手前に光って見えるのは エゾアカガエルの卵
P4217287.JPG
冬眠から目覚め 森の小さな小さな池で
恋の歌を歌うエゾアカガエルの雄達
今は心から いいな と思う
P4217288.JPG
P4217318.JPG
昔私は蛙が大の苦手だった
蛇よりも トカゲよりも ゴキブリよりも
なによりも怖かった
P4217323.JPG
特に危害を加えるわけでもなく
それほどグロテスクというわけでもないのに
あのヌメリが嫌だったのか
車にひかれてぺしゃんこになった姿が嫌だったのか
蛙を思い出そうとすると
理科の授業で 解剖のためにはりつけにされた姿と
湿り気のある生臭い感覚が思い浮かんでしまい
どうしても好きになれなかった
そんな私が変わることができたのは カメラのおかげ
レンズを向けると 蛙はすてきな被写体に変わった
エゾアカガエルに梅雨時の生臭さはなく
むしろ春の到来と生命の息吹を感じさせる
今ならアマガエルを見ても平気かもしれない
触る自信はまだないけれど
おまけ
P4170006-001.JPG
カエルぴょこぴょこ みぴょこぴょこ

-自然

Copyright© 花咲かおまさ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.