花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

動物

ヒレンジャクとカラス

投稿日:

待ちわびていたキレンジャクの群れ(少数のヒレンジャクとの混群)が
我が街にもやって来ました
数は およそ100羽
100羽はいくつかのグループに別れ
街路樹のナナカマドに舞い降ります
めぼしい場所で 近くに群れがやって来るのをひたすら待ちましたが
ようやく現れたと思っても
車が通ると 群れは一斉に飛び立ってしまいます
鳥見は忍耐
チャンスを待ちました
しばらくして ようやく現れたレンジャクの群れ
夢中でシャッターを切っていたら
何だ 何だ
ヒレンジャクの妙な鳴き声が聞こえる‥
P1287400.JPG
レンズ越しに確認すると
わっ 大変!
ヒレンジャクがカラスにやられてる
P1287384.JPG
こういう時 ホントは人は手を出しちゃいけないんだけれど
それはよく知っているんだけれど
理性が吹っ飛び 気づけばヒレンジャクのそば
ハシボソガラスは飛び去り
ヒレンジャクは羽を広げたままのフリーズ状態でした
P1287389.JPG
どうしたものかと思案しているうちに
心なしか頭が下がってきたようで
既に事切れたのかと 重い気持ちでその場をあとにしたら
P1287402.JPG
すぐにカラスが戻って来て
ヒレンジャクを再び襲い始めました
ヒレンジャクは羽をバタつかせ
大きな声で鳴き始め‥
えっ! 生きてたの?
ダメ! ダメー!
P1287405.JPG
私の鳥見はここで終了
弱ったヒレンジャクをそっと手に取り
家まで ゆっくり歩いて戻りました
ヒレンジャクの体温が 服越しに伝わってきます
大丈夫だよ 大丈夫
なにもしないからね 助けてあげるからね
小箱にフリースを敷き その上にティッシュを重ね
ヒレンジャクを寝かせ
箱を覆うようにカゴを置き 暖かな部屋で回復を待ちます
固まったままのように見えたヒレンジャクが
赤いフンをし 動いていたのを見たときのうれしかったこと
一晩そのままにし 翌朝 つまり今朝ですが
ヒレンジャクを群れのそばまで連れて行きました
箱を開けた途端 元気いっぱいに飛んでいったヒレンジャク
あぁ よかった
仲間の所へおゆき
 
ヒレンジャク(尾羽の先端が赤色)  キレンジャク(尾羽の先端が黄色)
P1297677.JPG
P1297604.JPG
最後に
ハシボソガラスさん ほんとうにごめんなさい
ほんとうに ほんとうに ごめんなさい

-動物

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.