花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

園芸作業

春に向かって

投稿日:

171950(1).JPG

084302.JPG

ここのところ積雪量が増えてきた北海道ですが、本州ではそろそろ庭仕事が本格的に始まる頃ではないでしょうか?

‥いくらなんでも、ちょっと気が早いって?

失礼いたしました。 

しかし、バラをお持ちのみなさん(本州以南)は、そろそろ剪定や肥料をやる時期ですよね。

今の時期、強剪定や施肥、それに鉢植えの植え替えをやっておくと初夏に美しいバラの花をみることができますよ ♪  (多分‥ですけれど)

 

毎年無剪定で、枝数の少ないヒョロヒョロの株に悩んでいるという方、今年は思い切ってチョキン!と切ってみませんか?

161922.JPG

151337.JPG

この時期のバラの剪定は、基本的に強剪定です。

ただ一季咲きのオールドローズのようなバラは、先端を軽く剪定するだけでO.K.!(ここで強い剪定をしてしまうと、花が咲かなくなってしまいます。)

ハイブリッドティーのような大輪四季咲きのバラの場合は、2分の1を目安に。

フロリーバンダやイングリッシュローズのようなバラは3分の2を残すような剪定が原則です。

右側の写真のように、外に向かって出ている芽を外芽といいます。目安となる長さのふっくらとした外芽の上で剪定してやると、そこから芽吹いた枝先に花がつきます。

枝ぶりを考えて、全体に光が当るようにバランスよく剪定します。

枯れ枝や細くて弱々しい枝を取り除いた後で、剪定すると後が楽ですよ。

そうそう、鉢を植え替える場合は剪定する前にやりましょう~!植え替えと剪定が終わったら、少しして元肥をやるとバッチリです。

おまさの場合は、有機の固形肥料を鉢の表面に置いてやります。マグアンプなどは肥料やけの心配がありませんが、肥料の種類によっては根が傷むこともあるので土に混ぜ込む場合は気をつけましょう ♪ (鉢植えのように限られたスペースで栽培する場合、肥料のやり過ぎで枯らせてしまうことが少なくないもので‥)

 

道内の場合は、この作業を春先にやります。恵庭だったら、4月の中旬くらいでしょうか。‥まだまだ先の話ですね ♪

-園芸作業

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.