花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

移植

投稿日:

我が家の庭では、今 クレマチスが花盛りです。
ジャックマニー
P8043365.JPG
サマースノー(センニンソウの仲間)
P8053388.JPG
P8053374.JPG
ザ・バガボンド
P8053391.JPG
こちらはセダム(オータムジョイ)。
今年は芋虫の食害にあわず、たくさんの蕾がつきました。
これからの開花が楽しみです。
P8063752.JPG
鉄砲百合は、とうとう咲き始めました。
P8063758.JPG
こちらは、ハンギングのペチュニア。
伸びた茎の先端に2、3個花が咲くだけになってきたので
思い切って切り戻しをしました。
P8043361.JPG
そして、こちらはアオキ。
全ての葉を失い棒のようになっていましたが、
ここにきて見事に蘇ってくれました。
P8033102.JPG
この時期になると、庭の植栽で気になるところが見え始めます。
秋にはこの宿根草を移植しようとか、
ここには別の植物を植えた方が良さそうだとか、
大株になっているから株分けが必要だとか。
場合によれば庭木の移植とか、バラの移植を考えている方もあるかもしれません。
宿根草と違って庭木となると、移植に神経を使います。
移植はいつするか?
誰もが夏に移植は向かないと知っていますが、
春か、秋かとなると、迷う方が多いのではないでしょうか。
春の移植となると、ほとんどの宿根草は地上部が枯れている状態で
庭木やバラの植え場所を決めるのに微妙なバランスをはかれず、不自由です。
でも北国の冬は厳しくて、秋の移植にはリスクを伴います。
根が十分に張っていない状態では、冬越しが心配です。
それなら晩秋(休眠期)に株を掘り上げて、植え場所を確認した後、
穴に根を入れて横倒しにして越冬させてみたらどうだろう。
P8063745.JPG
そこでハタと気が付きました。
私はバカか?
春になって移植すればいいんだ。
秋のうちに、おおよその植え場所を決めておき、穴を掘り、土を準備する。
早春、雪解けが終わり、土のしばれが取れた頃、株を掘り上げ移植する。
周りの宿根草は秋のうちに移植し、微妙な調整はバラを移植した後に行う。
今日お会いした〇〇様、私間違ったことを申し上げてしまいました。
本当にすみません。
つるバラ(白花)を掘り上げたあとで、ごっそり土を入れ替えてください。
ちゃんとした土なら、新しいバラをそのまま植えていただいて問題ないと思います。
お騒がせしました。

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.