花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

移植の時期がやってきた

投稿日:

恵庭市の今日の最高気温は、19.4℃。
もう出番はないだろうと、扇風機を片付けました。
このくらいになってくると、草花の移植が問題なくできます。
コーナー近くに植えていたイトススキが大きくなり過ぎて、
奥の植物が見えなくなってしまいました。
代わりに鉢植えのヤブランを植えてみました。
奥の植物がはっきりと見えるようになり、
以前より奥行きを感じることができるようになりました。
P9025436.JPG
イトススキは、東側花壇のアナベルの後ろに移植しました。
結構しっくり~ ♪
P9025427.JPG
ヤブラン
P9025434.JPG
大きくなり過ぎるゲラニウム(ジョリー ビー)も、
イトススキ同様、この場所では厄介者。
代わりにニシキシダとホスタを移植してみました。
P9025433.JPG
毎年うどんこ病に悩まされるトリカブトは、
風通し抜群の場所に移植です。
P9025430.JPG
植え替えって、どうしてこんなに楽しいんでしょうね。
スコップを片手に泥だらけのオバサンは、
雨の合間を縫って庭を走ります。
ザーザー降りの1日は、キッチンでお料理の作り置き。
P9015411.JPG
カラッと晴れた気持ちのいい日は、
カメラを持ってちょっぴり遠出。
冬になる前の短い秋。
皆さん、思いっきり楽しみましょうね~。

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.