花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行

ハーミッツ・レストへ

投稿日:

この古めかしい建物は、私達が泊まったロッジのすぐそばにありました。
前をグランドキャニオンニオン鉄道が通っているので駅に違いないと思うのですが、
現在使われているのかどうかは分かりません。
運行は、隣町ウィリアムズからグランドキャニオンまで、1日1往復だけとのことでした。
P3187873-001.JPG
カウボーイハットが しっくりきますね~
P3187969.JPG
踏切を超えて少し歩くと、シャトルバスの停留所が見えました。
P3177408.JPG
停留所(Village Route Transfer )近くからの眺望
P3177409.JPG
日没までにはまだ時間がありましたが、寄り道せず
シャトルバスに乗って終点のハーミッツ・レストまで出かけることにしました。
ハーミッツ・レスト・ルートは、別名レッド ルートと呼ばれています。
P3187948.JPG
終点まで11Kmというから それほどの距離じゃありませんが、
往路は各駅に停車するので、目的地まで40分以上かかりました。
ハーミッツ・レスト
P3177418.JPG
P3177416.JPG
舗装されていないトレイルを歩きながら、大渓谷を堪能。
あちらこちらに、乾燥に強そうな植物が見られました。
P3177433.JPG
P3177444.JPG
サボテンの黄色い花
P3177446.JPG
陽が傾いてきました。
P3177507.JPG
昼間白っぽく見えていた渓谷は、ほのかに色づき‥
P3177503.JPG
深い影が生まれ、昼間のそれとは違った表情を見せ始めました。
P3177527.JPG
P3177466.JPG
時間を追うごとに、渓谷の色は濃くなります。
P3177552.JPG
ジ~ン!
P3177556.JPG
地平線に太陽が沈み始めると、忘れていた寒さを感じるようになりました。
P3177550.JPG
P3177515.JPG
P3177567.JPG
さあ、そろそろ戻らなくてはいけません。
シャトルバスは日の入りの1時間後まで運行されますが、日の入り後は30分毎になります。
乗り遅れたら大変と、急いで停留所に向かいました。
でも、乗り込んだのは私達2人だけ。
あれっ、意外。
復路の停車箇所は終点ハーミッツ・レストを除くと、
モハビ(Mohave)、パウエル・ポイント(Powell Point)の2箇所だけです。
パウエル・ポイントの停留所は、バスを待つ人でごった返していました。
カウントして乗リきれなかった人は、後続車を待つことになります。
気の毒に‥。と思いながら、ふとよぎる疑問‥。
パウエル・ポイントは、ポピ・ポイント(Popi Point )から500mの所にあります。
停留所に居た人は、みんな夕日を見にポピ・ポイント に行ってたんだ!
もしかしてハーミッツ・レストで降りたの、失敗だった?
マスウィック・ロッジに着いた頃は、もう辺りはすっかり真っ暗でした。
P3177568.JPG
ミニ懐中電灯で足元を照らしながら、部屋に戻ります。
ハードな1日でした。
翌日はマーサ・ポイントで朝日を見る予定です。
どうか晴れますように‥。

-旅行

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.