花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

園芸作業

家庭菜園への道 Ⅱ

投稿日:2020年10月11日 更新日:

 

きょうを入れて5日間 日中のほとんどを庭で過ごしていました

ひたすら庭仕事 土方作業の真似事です

 

目的は ミニ菜園づくりと

挿し木や 草花の仮り植え 種まきなどができるスペース(以後 作業スペースと呼ぶことにします)をつくること

それに 堆肥枠づくりの下準備です

 

菜園の場所は 北東のコーナーに決めました

角に植えたツリバナの木を挟んで 東側1.5mと 北側2m です

ここなら午前中いっぱいは日が当たるので 菜園としても問題なさそうに思えます

 

東側1.5m の一部( コデマリ ホスタ )

 

先ずは 植えてある宿根草や低木類の移植から

ツリバナの株元近くにあったミヤマシキミは

シモツケのあった場所(チシマザクラの下 ヒメウツギの隣)に移植しました

シモツケよりも収まりがいい感じです

シモツケはパーゴラの隣 犬走りにお引越し

砂利をどけ しっかりと穴を掘り 掘り上げた土に堆肥を混ぜ込み 丁寧に植え替えてやりました

コデマリは移植先が見つからず 泣く泣く処分することに‥

 

ミヤマシキミ

 

北側の通路に植えてあった宿根草や低木も移動して

ご覧のように すっからかんです

ツリバナはそのままですけどね

 

菜園との境界をはっきりとさせるため ツリバナの周りにはレンガを埋め込んでみました

 

ちなみに こちらが北側の通路

幅が 2m(犬走りを含む) 奥行きは 15m あります

犬走り(建物まわりの砂利を敷き詰めたところ)の幅は50cm くらいかな

通路には飛び石を配置し その周りに耐陰性のあるグランドカバーや宿根草を植えています

 

 

グランドカバー (アジュガ)

 

ミニ菜園をできるだけ広く取りたかったので

菜園周辺の飛び石は犬走りの上に移動し そこを通り道とすることにしました

いずれ砂利の中に埋め込む(半分くらい)予定ですが 今はちょこんと置いているだけです

 

作業中の足場としても使えるように

ミニ菜園と作業スペースの仕切りは レンガにしました

 

きょうはミニ菜園の土づくり

剣先スコップに飛び乗って えいや~!

天地返しをして 植物の根やごみを取り除き 完熟堆肥をすき込み

とりあえず完成です

 

全体像はこんな感じ

こうしてみると化粧砂利と菜園の境界線がちょっと見苦しいですね

ガーデンエッジを外してレンガで囲んでみるかな

 

 

 

庭で作業中 幾度となくマガンやハクチョウの編隊を目にしました

季節は秋から冬へ

冬支度もそろそろ始めなきゃだな

 

 

 

おまけ

こっちのミニ菜園にも 堆肥をまぜまぜ

あたしも がんばりました

 

 

 

-園芸作業
-, , , ,

Copyright© 花咲かおまさ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.