花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

自然

野道をゆけば ノラニンジン ヒルガオ オニユリ

投稿日:

 

ノラニンジン (学名 Daucus carota セリ科 ニンジン属 別名 ワイルドキャロット)

 

この時期 田舎道を車で走っていると ノラニンジンの群生によく出会います

白い涼し気な花が 路肩を埋め尽くすように咲くさまは なかなか見事です

よく似た花に ホワイトレースフラワー( 学名 Ammi majus  セリ科 ドクゼリモドキ属)がありますが

こちらの開花期は5月から6月

ちなみに ホワイトレースの名で売られている オルレアは

セリ科 オルレア属学名 Orlaya grandiflora で ホワイトレースフラワーとは別物です

似たような名前で ややこしいですね

 

ノラニンジンの細い茎にとまっているのは ノビタキのメス

体長13cm ほどのスズメより少し小さな鳥です

本州中部の高原や 北海道の低地の草原に 夏鳥として渡来します

 

 

 

ヨモギの中から顔を出しているのは 同じノビタキのオスです

オスとメスで羽色がずいぶん違いますね

 

ヒルガオ

 

オニユリ

 

オニユリのシベに 小さな虫を見つけました

ウマオイの幼虫でしょうか?

成虫は肉食だけど 幼虫は花粉や花弁を食べるとか

どのオニユリにも似たような虫がたくさんいたから

もしかしたら人気の花なのかもしれませんね

 

ノビタキのメスが咥えているのは ショウリョウバッタかな?

咥えたまま食べないでいるのは ヒナに与えるためです

モズなどのように肉食の鳥もいますが

普段 木の実や植物の種子を食べている鳥も

ヒナには栄養価の高い虫を与えます

 

子育てに虫は必須なんですね

 

野鳥の餌になるトンボもまた 小さな虫を捕らえていました

まさしく弱肉強食の世界

 

狩る者 狩られる者

人知れず繰り広げられている 小さな世界での緊迫したやりとりに

ちょっと ドキドキした一瞬でした

 

 

 

 

おまけ

トンボ 来ないかな

 

 

 

-自然
-, , ,

Copyright© 花咲かおまさ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.