花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

草花

イングリッシュラベンダー

投稿日:

娘の所に滞在中
地植えにされたイングリッシュラベンダーを見つけました
元気いっぱいの美しい株です
寒冷地向きの植物と思っていましたが
風通しのよい場所なら 関東でもちゃんと育つのですね
P2111014-001.JPG
我が家の庭にも10株近くのイングリッシュラベンダーがありました
バラとのコンビネーションは大のお気に入りだったし
花後も愉しめる美しいシルバーリーフや心地よい香りは
なにものにも代えがたいものだと思っていました
P7170381.JPG
P7200798.JPG
ところが去年の冬越しがうまくいかず ほとんどの株が傷んでしまいました
悩んだあげく 思い切って
ラベンダーの代わりにネモローサ(宿根サルビア)を植えることにしました
一抹の寂しさはありましたが
これで株が傷む度 植え替える必要はなくなるし
面倒な剪定や冬囲いから解放される
ローメンテを目指す者としては悪い選択ではないような気がしていました
イングリッシュラベンダー(オカムラサキ)
P7170408-001.JPG
ところが実際育ててみると まさかまさかの思いもよらない問題が起きました
花柄を摘んでやれば次々と脇芽が伸びて花を咲かせてくれる宿根サルビア
ずらりと植えたネモローサの花柄摘みは
思っていた以上に手間のかかるものでした
でもなにより困ったのは 虫
手入れをするたび 小さなブヨが私を刺しました
虫よけスプレーを使いましたが それでも奴らはやって来ます
刺されたあとの痒いこと
藪蚊なんて問題にならない痒みです
これには参りました
早朝庭に出るのが怖くなり
すっかりガーデニング熱がさめてしまうほどでした
痒みは何か月も続き 未だに刺された跡が残っています
トラウマになってしまったネモローサの群落
今年の春 またラベンダーに戻そうかと真剣に悩んでいます
おまけ
P3130235-001.JPG
ネモローサたちはどうなるの?

-, 草花

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.