動物

なつとさわらと私と その2

階段を上った先で なつを待っていたのは
もちろん さわら
なつのしっぽが みるみるうちに膨らんでいきます
ウゥ~~
体に似合わない太い声でなつが鳴き
これは大変とハラハラの私
さわらのしっぽも膨らんで‥ 
あれっ? 
膨らんでいないじゃない
黙って小さななつを見ていたさわらは
ゆっくりとなつから離れて行きます
さわら お姉ちゃんになっている‥
偉いぞ
P8170370.JPG
何度かそんなことを繰り返しながら
なつは当たり前のように2階に上がってくるようになりました
さわらのキャットタワーでご機嫌のなつ
P8160178.JPG
なつがやって来た当初 寝床は1階に用意していました
さわらは2階
お互いのテリトリーを侵さないようにとの配慮からです
ちなみに 私はさわらと一緒に休んでいました
チビを1人にするのはちょっと気が引けましたが
ここはさわらへの愛情を示しておかないとマズイと思いましたので
夜眠くなると なつは自分用のベッドで眠り
2階に上がってくることはありませんでした (最初の2日間は)
でも 朝までは持たなかったようです
なつの鳴き声で目が覚めたのは 夜中の3時
どうしたの なつ?
寂しいの?
薄暗い廊下に 小さくて華奢ななつの体が浮き上がります
ダメだ 放っておけない
結局その日とその翌日は
シュラフを持って なつのベッドのそばに寝ることになりました
私がシュラフに入ると同時になつが潜り込んできます
なつの小さな温もりが 私の体に伝わってきます
かわいい なつ
なつは日に日に我が家に慣れ さわらに慣れ
大胆になっていきました
さわらとの距離がどんどん近づいていきます
シャーッ! や フ~!を繰り返しながら
少しずつ仲良くなっていく なつとさわら
そんな2匹を眺めているこは とても楽しいことでした
ベッドの上から
P8170286.JPG
ベッドの下から
P8170283.JPG
あれ?
いつの間にか 立場が逆になっている
ショックを隠し切れないさわら
P8160248.JPG
なつがお尻を振ったあと
さわらに飛びかかって 軽く猫パンチをお見舞いします
驚いたさわらが ふざけるなと怒ります
なつは 「ごめんなさい」と寝っころがってお腹を見せます
平和です
P8180006.JPG
P8170331.JPG
初めてさわらから なつに近づいた 記念すべき瞬間
P8180076.JPG
滞在3日目から さわらとなつと私は同じベッドで眠るようになりました
枕元にさわら 足元になつ
幸せすぎて怖いくらいでしたが ちょっと狭い
セミダブルにしておけばよかったな
P8190013.JPG
なつは19日に本当のお家に戻って行きました
なっちゃん なっちゃん
P8190186.JPG
こっちを向いて
P8190194.JPG
5日間 ホントにありがとう
また遊びに来てね
きっと きっとね
これでなつとさわらと私のお話は終わりです
最後までお付き合い戴き ありがとうございました

POSTED COMMENT

  1. カタナンケ より:

    5日間〜
    「楽しいさわらの 夏休み日記」
    って さわらちゃんは きっと綴ったことでしょう〜
    つぎに なっチャンがきたときに 両方おぼえているのかしら、、それ とても興味あります〜
    人間も 猫も犬も ひとりでは 成長しないもんね、、
    仲間がいて 敵がいて 味方があり、、
    さわらちゃん ぐっと 大人になったことでしょうね〜

  2. ソフィー より:

    ステキな物語をありがとうございます
    うちにも 後輩にゃんこのパズが来てからいろんなことがありました
    人もそうだけど にゃんこにもそれぞれのものがたりがありますね
    いっしょにいられるしあわせ
    これからも大事にしたいなあとあらためて思いました

  3. Hiyoko より:

    なつとさわらと私と
    5日間のノンフィクション映画ですね
    監督兼カメラマンはおまささん
    主演はなつちゃん
    助演はさわらちゃん
    最後のシーン
    一番寂しく感じたのはだれかな…
    一人で去って行くなつ?
    それとも….

  4. おまさ より:

    カタナンケ様
    どうでしょうね~
    覚えていいてくれるといいんですけれどね ^^
    追いかけっこが大好きなさわら
    なっちゃんが居る時は本気で走っていましたが
    今はゆっくりトコトコトコ‥
    やっぱり私じゃ役不足のようです 
    なっちゃん どうしてるかな~

  5. おまさ より:

    ソフィー様
    ホントそうですよね~
    それぞれの物語
    楽しいことも嬉しいことも 辛いことやピンチも
    これからどんな物語が始まるのか
    この年になってもワクワクしています

  6. おまさ より:

    Hiyoko 様
    ノンフィクション映画ですか?
    いや~ ありがとうございます
    監督とカメラマンなんて 最高です!
    友だちの家になつを送って行ったとき
    キャリーバッグの中からこちらを見ていた なつの顔が今でも忘れられません
    一番寂しく感じたのは やっぱり 「それとも‥」の人かな~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です