晩秋から初冬へ

今日は午後からはよく晴れましたが 気温は6度止まり
吹く風は冷たく 日中でもマフラーが欲しくなるような寒さでした
季節は秋から冬へ
庭木のほとんどが葉を落としました
遅くまで葉のついているスモークツリーも
家主に早々と縄をまかれ 窮屈そうです
今年庭の仲間入りをした彫像は相変わらず薄着のままですが
文句も言わず静かに微笑んでいます
とても真似できません
PB070083.JPG
そんな中 ワイルドストロベリーが 今頃になって色づいてきました
PB070085.JPG
わずかに残ったヤマボウシの葉の向こうには
イトススキの穂がなびいています
PB070096.JPG
フランシス・E・レスターの実がきれいです
PB070088.JPG
数日前まできれいに咲いていた 鉢植えのゴールデン ボーダー
冬支度のためにと花を切られてしまいました
(切ったののは私ですけれどね)
残った葉もむしり取られ はだかんぼうになりました
もう少しすると 鉢ごと横倒しにされる運命です
ゴールデン ボーダー
PB020022.JPG
耐寒性に不安のあるアンジェラ(つるバラ)は
誘引を外され ただ今地面にひれ伏しています
株元にはひっくり返したプラスチックの鉢がいくつか置かれ
まるで何かのまじないのようです
実はこれ 雪の重みで枝が折れないようにするための裏ワザ
つるバラを倒して冬越しさせる時は
枝折れしそうな場所に必ず鉢を置いてやります
PB070077.JPG
最後は家の中で咲いたブラザー カドフィール
いい香りがします
PB070075.JPG
いつの間にかもう11月
残り少ない2015年 楽しむぞぉ~!

POSTED COMMENT

  1. katananke05 より:

    後1月半で お正月!
    ひえぇ〜
    名残のバラ きりりと シャープな色で
    美しいわね〜
    私もフラワーセンターで 見てきましたよ〜

  2. とらきち より:

    ブラザーカドフィールというバラがあるとは聞いていたのですが
    すっかり忘れていました。
    そのバラの名前の元になったエリス・ピーターズの
    「修道士カドフェル」シリーズが大好きで、ここのところ通勤時に
    読み返しており、その最後の20巻目が終わりに近づいてきて
    寂しく思っていたところでした。
    バラが見られて、なんだか嬉しかったです。

  3. Hiyoko より:

    おまささん、こんばんは。
    今年庭の仲間入りをした彫像は相変わらず薄着のままですが
    文句も言わず静かに微笑んでいます
    とても真似できません
    まねしてほしいです
    せめて一度だけでも…(風邪ひいちゃうかな)

  4. おまさ より:

    katananke05 様
    時間の過ぎるのは早いですね!
    庭のバラは 冬支度で全部花を切ってしまいました
    来シーズンまでしばらく「さようなら」です
    温か味のある濃いピンクのブラザー カドフィール
    育てやすい丈夫なバラで~す♪
    お返事が遅くなってごめんなさい
    愛媛の実家に戻っていました

  5. おまさ より:

    とらきち様
    お久しぶりです とらきちさん!
    お返事が遅れてしまってごめんなさい
    4日ほど実家に戻っていました
    ブラザーカドフィールが 本の登場人物からついた名前だというのは
    ボンヤリと覚えていましたが 探偵小説の修道士だったのですね
    そんなに面白い小説なら私も読んでみようかしら
    濃いピンクのバラとイメージ合いましたか?

  6. おまさ より:

    Hiyoko 様
    ハ‥ハ‥ハックション!
    おはようございます Hiyoko さん
    お返事がすっかり遅くなってすみませんでした
    老いた母に会いに愛媛の実家に戻っていました
    北国から南国に 南国から北国に‥
    日本は狭いようで広いなぁ~と実感しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です