自然

雪迎え

昨日の朝は冷え込んで
秋を通り越して なんだかもう冬の気配でした
吐く息は真っ白だし
小さな水路沿いの道には まるで雲のように川霧が立ち込めていました
PA190010.JPG
乾いた空気はピリリとして
油断すると どこかが切れてしまいそうなシャープさです
自然と背筋がシャンとします
PA190002.JPG
道端の草には霜が降り
PA196080.JPG
千歳川もご覧の通りです
PA190053.JPG
それでも日中は17℃まで気温が上がる ぽかぽか陽気
風もなく 朝の寒さが嘘のような穏やかなお天気になりました
ふと見ると
三脚の上に固定したカメラが
いつの間にか蜘蛛の糸だらけになっています
こんな所に蜘蛛が‥
ここにも そこにも
PA190098.JPG
あっ 蜘蛛が
空を飛んでる!
糸をつけた数え切れないほどの蜘蛛が
風に乗って ふわふわと空を飛んでいます
きらきらきら
日に照らされて光輝く糸の美しいこと
あとで調べて分かりましたが この現象
晩秋の小春日和の日 子蜘蛛が糸を出して風に流し
上昇気流に乗って空中に飛び立ち分散していくというもの
雪迎えという名前がついているんですって
この後 雪の時候になるってことらしいですよ
なんだか雪虫に似ていますね
生まれて初めて見た 雪迎え
感動的な光景でした
おまけ
PA150307-002.JPG
あたしも飛べるよ

POSTED COMMENT

  1. katananke05 より:

    雪迎え〜
    きれいで 優美なことばが 日本にはいっぱい
    ありますね〜
    さむいところならでは 生まれたことばでしょうね〜
    錦秋とか 草紅葉、、
    まだ ちかくは みどり 青々です、、

  2. katananke05 より:

    [雪迎え」という お酒が
    糟平酒造から でていました〜
    検索したら 青空を 何本もの 銀色の糸が
    はしっている 美しい「雪迎え」の
    写真がでていましたよ〜
    すてきな 言葉の情報 ありがとう〜

  3. おまさ より:

    katananke05 様
    ほんとうですね
    美しい日本語を耳にする度 日本人でよかったなって思います
    「雪迎え」の写真をご覧になったのですね
    無数の蜘蛛が糸を頼りに ふわふわと空を漂う様は
    それはそれは美しく また不思議な光景でしたよ~
    結局この日は お目当ての野鳥に会えずじまいでしたが
    小さな蜘蛛達のおかげで満ち足りた気持ちで家に戻ることができました
    蜘蛛さんに ありがとう~!です(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です