花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

自然

恵庭公園で

投稿日:

ガーデニングをするようになって、自生する樹木や草花が気になるようになりました。自然界の植物は、何といっても庭づくりの一番のお手本です。

その土地に合った植物は、庭でも無理なく育つことは言うまでもないこと。

どんな条件でどんな風に咲くのか、咲いた後はどうなっていくのか。その一つ一つに丁寧に答えてくれるのが、自然のなかで力強く生きる植物の姿なのかも‥。

 

102009.JPG

101657(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜より一足先に咲き始めたコブシは、ちょうど今が見ごろ。はっきりとした白い花は、青空によく似合います。

「私たちはお日様が大好きなのよ。」そんな声が聞こえてきそうです。

手前の枝に止まっているのは、コムクドリ君。気持ち良さそうに羽づくろいです。かわいいですね~ ♪ 

 

095555(2).JPG

102818(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

左上の写真は、ニリンソウ。右上はエゾエンゴサクです。どちらも、落葉樹林の下草として群生しています。

落葉樹が 葉を展開させる前に、 十分な日の光を受けて花を咲かせます。やがて頭上の落葉樹の葉が茂り日差しが途絶える頃、地上部は枯れて休眠期に入ります。

朽ちた落ち葉がいっぱいに広がる林床は、湿り気のあるフカフカの土に見えました。

この時期だけ精一杯花を咲かせる、ニリンソウやエゾエンゴサク。なんだか健気で、愛しくなってきます。

 

暖かい春の日差しの中、林に響き渡るクロツグミのさえずりを聞きながら、美しい草花や花木を眺めました。もしこの世に 天国というものがあるのなら、それはこういう所ではないかと思いました。

あ~!今日はいつになく、真面目な文章を書きすぎました。まるで おまさらしくないですね~。  おしまい!

 

P.S. 5月になりました。新しい壁紙を用意していますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

     http://www.omasa.org/wallpaper/index.html

-自然

Copyright© 花咲かおまさ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.