花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行

旧古河庭園

投稿日:

京都嵐山を後にし、新幹線で東京の娘のマンションに戻る。シュラフにくるまって、すやすや。

翌日は、「暇があったら訪ねてみて。」と言う友人のアドバイスに従い 北区西ヶ原にある旧古河庭園へ。

JR「駒込」駅から 徒歩で10分少々。坂道を登りたどり着いた門には、「国指定名勝 都立 旧古河庭園 」と書かれたものが‥。おぉ、ここじゃ、ここじゃ。

P9220170.JPG

P9220119.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内に入った途端、美しいコニファーや落葉高木が目に飛び込んで来る。 う~ん、実にいい。素晴らしい。

続いて入場料を‥150円か、安いね。これも文句なし。

‥で、振り返って超お洒落な洋館に感動する私。「うわぁ~、すご~い!すご~い!」とボキャブラリーの貧困な雄叫びに、娘はそっと私から離れ他人のふりをする。

それにしても見事だ。洋館を取り囲む木々の植栽は、これ以上ないというふうだったし、手入れも最高。まさにパーフェクトという感じだ。

ナチュラルといようりどちらかというと、フォーマルな庭。ツゲらしきもので縁取られたノットガーデンには、完璧な状態のバラが育っていた。感心、感心。

P9220152.JPG

P9220118.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ここの庭のすごいところは、洋風の庭と和風の庭が見事にマッチしているところ。

もちろん同じ場所にというわけではないが、絶妙なバランスでそれらが協調している。こういうのって、なかなか真似できないんだよな~。 

 

P9220116.JPG

P9220150.JPG

P9220128.JPG

  

 

 

 

 

 

 

 

目立たない所にも、こだわりが‥。う~ん、贅沢なつくりだ。こんな場所で暮らすことができたらどんなに幸せだろう‥。 

 

P9220137.JPG

P9220155.JPG

美味しい紅茶なんか飲みながら、焼きたてのスコーンに生クリームとジャムをたっぷり。

いかん、いかん。ダイエット、ダイエット!

-旅行

Copyright© 花咲かおまさ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.