自然

寒い日の名残り (長都沼)

P2089027.JPG

 

 

P2089052.JPG

P2089055.JPG

 

 

 

 

 

 

 

自然は美しいけれど、同じくらい厳しい。 

私のお気に入りの長都沼も、数日前の大寒波で見事に氷りついていた。

もちろん、数え切れないほどいたカモ達の姿はどこにもない。

代わりにいたのは、カラスの群れだった。

オオハクチョウ達は、氷の上にうずくまって寒さから身を守っている。

 

所々に、群れから離れたハクチョウがポツンと立っている。その周り、をカラスが取り囲んでいた。

なんだい!あんた達。多勢に無勢なんて、卑怯じゃないの!

P2089050.JPG

左の写真のオオハクチョウは、右足を傷めているように見えた。

上の写真のオオハクチョウは、まだ完全に羽が白くなってないから若鳥なのだろう。よたよたと、一歩一歩歩いていた。

カラスだって食べなきゃ死んじゃう。生きるための行動に、文句を言える筋合いじゃないのは判っている。

でもどうしても我慢ができなくなって、思いっきり大きな声で叫んでしまった。「ホー!ホー!」

カラスはバサバサと飛び立った。でも、またすぐにもとに戻って来るに違いない。バカなことをしたのかな‥。

「ハクチョウさん、仲間達の所まで飛んで行きなよ。一人でいちゃ危ないよ。」

グレーがかったオオハクチョウは、よたよたと歩いて行く。「数日間は、ここに来られないなぁ‥。」

 

自然の摂理だ。これでいいのだ。そう判っているつもりだったけれど、目前で見るそれはやはり心を重くした。まだ修行が足りないなぁ。

POSTED COMMENT

  1. ノリーナ より:

    久しぶりに見たら美しい写真が網羅されていました。本当におまささんの写真はうっとりしますね。自然も動物の世界も美しいし、かわいいけど半面とてつもなく厳しいですね。一番甘いのはもしかして人間(私もかなぁ)かもですね。さて2月は寒い、寒いといっているうちにあっという間に過ぎそう。3月の声聞いたらぼーっとしている頭をガーデニング頭に切り替えることできるかとても不安。またおまささんのブログ参考にして張り切っていきまーす!

  2. カタナンケ より:

    自然界の きびしい現実は 目にしたくない、、
    このごろは みかけないけど 小さな子猫(捨て猫)
    がみいみいないてたら 心を鬼にして
    みないように 通り過ぎる、、
    翌日、、見かけなかったら きっと誰かに貰われたんだ!と 考える、、ことにする、、
    でも この景色では わたしも ”こらあ〜からすどもお〜 ”と 大声出すと思うよ、、
    ちょうど おなじような出来事 私もいまブログに出してる、、不思議ね、、

  3. おまさ より:

    ノリーナ様
    はじめまして‥。というか、もしかしてノリーナさんって
    チャッピーとミルクのママ?(違っていたらごめんなさい)
    写真を撮り始めて、いつの間にか2年半が過ぎました。
    デジタル一眼レフを使うようになって、9ヶ月。
    ちょうど写真を撮るのが面白くなる頃みたいで、
    毎日のように写真を撮りまくっています ♪
    3月からガーデニングの再開‥もうすぐですね。
    こちらは早くても4月下旬からかな。
    ちなみに4月は実家に戻るので、今年の庭いじりは5月からになりそうです。
    コメントをありがとう。

  4. おまさ より:

    カタナンケ様
    外を歩くようになって、自然に対する考え方が
    ずいぶん変わったように思っていました。
    でもカラスに取り囲まれ、立ち尽くすハクチョウを見ていて
    どうにも我慢ができなくなってしまいました。
    自然界で起こることに、人が手を出すのはタブー。
    カラスを追い払うなんて、私の傲慢。
    判ってる、判ってるんだけど‥。
    はぁ~。いつまでたっても成長のない私でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です