花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

家族・友人

ありがとう

投稿日:

P3319582-1.JPG

たった1段の階段を踏み外しただけなのに、脊髄損傷を負って全身麻痺の状態になった父。

以来自分で息をすることもできず、意識はあっても声も出せない。

それでも悪いなりに状態が安定し、療養型の病院に転院することになった。

当日、移動のための介護タクシーには 主治医と看護師さん1人が同乗してくれた。

 

人工呼吸器が外され、挿管チューブにアンビューバックが接続される。父の顔が苦痛で歪み「息が苦しい」と口が動いているのが見てとれる。

胸がドキドキし、私も息が苦しくなる。「お父さん、頑張って。」

 

ICUでお世話になった担当の看護師さんは、忙しい時間を割いて病院の玄関口まで見送りに来てくれた。

要求の多い父に嫌な顔一つもせず、常に穏やかな対応をしてくれた看護師さんだ。優しくて丁寧な看護に、入院中 父も笑顔で応えていた。

介護タクシーには私も乗った。窓の外に、真っ赤な目をして ちぎれんばかりに手を振る その看護師さんの姿が見えた。

窓を開け、最後の挨拶をした。涙が後から後から溢れた。

 

転院先に着いて一通りのことが終わると、先生(主治医)は母のそばにしゃがみこんで 「身体を大切にしてください。」と、繰り返し言われた。

労わるような眼差しに、胸が詰まった。

P4231654.JPG

P4110932.JPG

左端の写真は、隣家に植えてあるアイリス。

雨に打たれてとてもキレイに見えた。

父の入院で一人暮らしとなった母を心配して、ご近所の方が声をかけてくださる。

「お姉ちゃん、よく帰って来てあげたねぇ。」の ひと言に、思わず目頭が熱くなる。 

耳の遠くなった母に代わって、市役所にも何度か足を運んだ。そこでの親切も忘れられない。 

人は一人では生きられない。直接、間接にさまざまの人に守られて生きている。一人一人の優しい気持ちが、生きる力に繋がる。

上手くいっているときより、困ったときにそのことがよく分かる。

P4252052.JPG

P4140970.JPG

 

-家族・友人

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.