花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

園芸作業

パーゴラと敷石、そして砂利

投稿日:

P4160473.JPG

8年前に夫に作ってもらったパーゴラが朽ちてしまい、大工さんに作り直して頂きました。

工事は、5日前の16日。

この日は冷たい雨が降ったり止んだりの生憎のお天気でしたが、あっという間に古いパーゴラは取り壊されて新しいパーゴラが組み立てられていきました。さすが、プロは仕事が早いですね~。

少しスリムになったパーゴラには、なんでも 「防腐処理をしてあるツガを使っているので、耐久性がアップするよ~。」というお話。ホント、力強い~ ♪

P4180483.JPG

以前のパーゴラはベンチ付きでしたが、今回は敷石でスッキリと仕上げることにしました。その方がパーゴラの持ちがいいそうです。

敷石は、花の牧場で見つけてきたヨーロッパ直輸入のものを選びました。150cm×240cmの面積に合わせてあれこれとデザインを考え、60cm×60cmの正方形6個と、30cm×30cmの正方形6個、60cm×30cmの長方形5個を用意。

作業は大工さんが引き受けてくれたので、大助かり!腰痛持ちの身としては、ひたすら感謝なのでした。

 

P4190488.JPG

ここまでは大工さんに助けて頂きましたが、さあ ここからは自分だけの仕事です。

新しくできた敷石に合わせガーデンエッジを少し打ち直し、まずは整地。均して、固めて‥っと。

その後で防草シートを敷き詰め、つなぎ目は専用のテープで張り合わせます。よ~し、完了!次はピンで固定だね。コンコンコン!できた~。

ふう、もうこんな時間かぁ。続きは明日だな。

 

P4190829.JPG

翌日の早朝、去年の秋から山積みにしてあった砂利をやっと使う時がやってきました。

1袋が23kgある砂利を22袋。う~ん、これは大変じゃ。

そのまま運ぶのは無理だと、1袋の砂利を3回に分けてえっちらほっちら。計63回行ったり来たりを繰り返し気長に砂利を運びました。

22×3=66でしょう?って声が聞こえてきそうですが、1袋は予備に残しておきましたのでこれでオッケー。

ともかく全て運び終わり、均して全体を踏み固め落ち着かせます。

まだ少し気になるところの手直しが残っていますが、取り合えず完了。草花が生い茂り バラが咲き乱れる初夏、パーゴラと敷石と砂利のある風景がどんなふうになるのか、ちょっぴり楽しみな私なのでした。

-園芸作業

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.