花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

投稿日:

今朝はそれほど厳しい冷え込みではなかったけれど
それでも庭には霜柱が立っていました。
以前降った雪はすっかり解け、庭はむき出し状態。
草花や庭木は、じっと寒風や冷気に耐えています。
PB258647.JPG
 
10月の終わり、やっと穂を出したイトススキ。
PA222846.JPG
イトススキ イネ科 ススキ属
( 学名 Miscan thov sinensis form. grasillimus )
毎年 冬支度で早々にカットされていましたが、
今年こそは花穂を愛でたいと、そのまま残しておきました。
 
PB258628.JPG
今日のイトススキ。
穂がふわふわになっていました。
PB258629.JPG
PB258646.JPG
下の写真は、秋に移植したリグラリア。
花のあとには、立派な種ができていました。
丈夫な子です。
PB258634.JPG
リグラリア ' ブリットマリークロフォード '
キク科 メタカラコウ属
(学名 Ligulalria dentata 'Britt Marie Crawford)


こちらはナツツバキ
夏に椿に似た一重の白い花を咲かせますが、
花もちは悪く 1日花でポトリと落ちてしまいます。

そのあとに出来る緑色をした若い実は、
やがて熟して茶色に変~身~。
中には入っている種は、結構小鳥たちに人気があるんですよ

PB258633.JPG
ツバキ科 ナツツバキ属
( 学名 Stewartia pseudo-camellia )


秋遅くに咲く斑入りヨメナも、
十分鑑賞されないうちにチョキンと切られていましたが
今年は種ができるまで残りました。
よかったね~。

PB258632.JPG
斑が出ている時期や花の咲いている時の写真を探しましたが
上手く見つけられませんでした。
以前ブログで紹介した時のURLを添付しましたので、
興味のある方はこちらをどうぞ。
おまけ
PB228168.JPG
恥ずかしいから、見ないで!
 
PB228170.JPG
さわらの手、毛深い‥。

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.