花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

涼しい夏

投稿日:

P7153780-001.JPG

7月も半ばを過ぎたというのに、なかなか暑くならない北海道。
半袖では過ごせないような涼しい毎日が続いています。
おかげで庭の植物達は、元気いっぱい。
でも‥さすがにバラは咲き終わったものが多く、花数がずいぶん減ってきました。
数少なくなったバラの花は貴重品。
特に真夏になって咲くバラは、それはもう大切に‥そう、今まではまるでVIP扱いでした。
でも今年から、真夏にバラの花を咲かせるは止そうかと思っています。
何故かって?
え~とそれは、真夏にバラの花を咲かせてもコガネムシがムシャムシャと食べてしまうし、厳しい暑さと湿気で花もキレイに咲いてくれないからです。
秋に一斉に咲く姿を夢見て、今年はチョキン! 上手く咲き揃えば、秋にまた庭を開放できるかも‥な~んて思ったりして‥。
P7153722.JPG
P7133452.JPG
ラベンダーは今が最盛期。
なんとも言えない深い紫の花が咲き乱れ、清々しい香りが庭に立ち込めています。
働き者の蜂さんが、両足に花粉団子をつけてラベンダーの間を飛び回ります。長閑だ。あ~、幸せ‥。
P7153694.JPG
P7153805.JPG
前回も登場した「サンダース ホワイト」は、遅咲きのランブラーローズ。
可憐な小花をいっぱいに付けました。
 
シックなクレマチス、ロマンチカとの競演を狙っていたのだけれど、今年はロマンチカの花がポツリポツリで思ったように咲いてくれませんでした。
狭い空間に植えたシャラ(ナツツバキ)やホワイトメイディランド、サンダースホワイトに負けて、根が十分に張れないのかもしれません。
フラワーボックスの土、なんとかしなくちゃなぁ‥。
P7133416.JPG
P7133431.JPG
遅咲きのクレマチス、ジャックマニーも今が盛りです。
一重のシンプルな中輪の花は濃い紫をしていて、バラやアナベルとも相性抜群。
 
クレマチスの中で、私の1番好きな品種です。
P7153773.JPG
P7153659.JPG
真夏に咲く花、エキナセアにも立派な蕾がついてきました。(左)
斑入りヨメナは、美しい葉色をキープし続けています。(右)
 
日当たりが足りないせいかピンクの出が今ひとつですが、それでも十分に綺麗~。
1月くらい前だったかなぁ‥。「紺菊」の名前で恵庭の道の駅で売られていたんだけど、きっともう完売しちゃっただろうな。
 
P7133407.JPG
P7153676.JPG
リグラリア(プルツェワルスキー)
リグラリア(ブリッドマリークロフォード)
アルケミラモリス、ホスタ
柏葉アジサイ等
シャーレーポピー
 細い茎の上に開いた花は とってもチャーミングで、風で揺れる姿が‥たまりません!
P7153838.JPG
P7153840.JPG
ホスタ、リボングラス
葉色の違うホスタを植えると、結構いいよ ♪
右 ロクベンシモツケ
 メドースィート、ドロップワート )
P7133563.JPG
P7143596.JPG
クリスタルフェアリー
アスチルベ
P7082594.JPG

P7153713.JPG

ブルーベリー
ジューンベリー
どちらも鉢植えで栽培していますが、その割にはちゃんと実が出来て、えへへ‥大満足!
最近ヒヨドリが来て、熟した実を食べています。
その瞬間をカメラに収めたいと思っているのですが、これがなかなか‥。
肝心のときにカメラを持っていない。それではと、カメラを持ってヒヨドリ待ちをしているときは、全く姿を見せてくれない。
段々減ってくる実を眺めながら、せめて1枚くらいは撮らせてよね~などと、独り言をぶつぶつ‥つぶやいている平和な私でした。
            おまけ     お母しゃん 待ってぇ~!
P7143619.JPG
P7143621.JPG

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.