その他

雪塊

街中に突然現れた 巨大な雪山。
えっ、これは何?
どうやってこんなものがここに?
周りの景色となじまない巨大な雪の塊は、
まるで流氷のように勝納川(小樽)の河口にぷかぷかと浮かんでいました。
川岸に並んだ何台もの油圧ショベルが、絶え間なく動いています。
巨大なアームは唸り声をあげ、バケットが川に投げ込まれる度 しぶきが飛び散ります。
なんという迫力‥。
P1313267.JPG
雪を積んだトラックが次々とやってきては川に雪を捨てていきます。
油圧ショベルは捨てられた雪が固まってしまわないように、それらを攪拌をしていたのでした。
P1313255.JPG
それにしても、この雪の塊は?
検索で、この謎が解けました。
今年は油圧ショベルの攪拌だけでは、雪の処理が追いつかなかったのだそうです。
そこで市内各所から運ばれてきた雪を一旦川岸に置いて、それを
ロータリー除雪車で吹き飛ばして川の上に雪山を作った‥という事でした。
なるほどぉ‥。すっきりした。
それにしも、なんというスケールの大きさ!
何台もの油圧ショベルが一斉に川を攪拌する光景は、圧巻でした。
ふぅ~。

POSTED COMMENT

  1. 茜ちゃん より:

    男性的な雪の塊の写真
    素晴らしいね~! 北海道らしい。
    最近、世の中がチマチマして来ているから・・・
    先回の鳥の写真も素敵です!
    奄美のチュウヒも可愛い声で鳴いてます。
    姿に似合わない、甘えたような声。
    百舌の<ぎゃ~、ぎゃ~>は、何とかならないかな。
    蛙が合唱しております。
    奄美は桜が咲いて、春満開になりそう。
    自家栽培・大根とジャガイモ収穫中。
    青梗菜は大豊作になりそうです。
    一人でニヤニヤしてま~す(^-^)

  2. おまさ より:

    茜ちゃん様
    お褒め頂いてありがとうございます。
    でも自分では、あまり満足していません。
    なんとなく説明的な写真になってしまいました。
    あの迫力はどこへやら‥。
    野菜の収穫、楽しみですね。
    こちらの春は、まだまだ先になりそうです。

  3. カタナンケ より:

    雪を 除去するにも お金がかかりますね、、
    雪国はたいへん〜 住民税が高いのかなあ〜
    国の 助成があるのでしょうね、、
    こちら機能は20度とか、、
    体感はそんなでもないけど 空気が
    ほんわかと 膨張している感じ?
    きょうも 暖か〜

  4. おまさ より:

    カタナンケ様
    そうですね。
    毎年除排雪にかかる金額は相当なものだと思います。
    基本は自治体の予算で賄われるんだろうけど、
    豪雪のときには、きっと国から財政支援とかがあるんでしょうね。
    何?20℃?いいですねぇ。
    ガーデニングにもってこいの気温ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です