動物

エゾリスの森

苫小牧漁港を後にして、次に向かった北大研究林。
ここで見つけたのは、可愛いエゾリスでした。
最後に見たのは去年の秋だから、ずいぶん久しぶりの再会になります。
しかも、大接近で!
近すぎてシャッターが切れない。
慌ててエゾリスから離れて、なんとかパシャリ。
こんなことは初めてです。
ドーン!
P2265929.JPG
木から降りても一向に逃げる様子はなく、私の近くを走り回ります。
「エゾリスが寄って来る→私が逃げる→シャッターチャンスを逃す」
そんなことを何度か繰り返しながらやっと撮った写真がこれ。
なにやらしきりに匂いを嗅いでいると思ったら‥
P2265931.JPG
ズボツ!
顔を雪の中に埋めてしまいました。
隠したクルミでも探しているのでしょうか?
P2265932.JPG
ない!ない!ない!
P2265934.JPG
ないんです~!
と言ったかどうかは分かりませんが、あなた近すぎです!
P2265926.JPG
だから、近いってばぁ~。
P2265927.JPG
こんなに何度も寄って来るなんて、備蓄していた餌が底をついてしまったのでしょうか。
しばらくして私が餌を持っていないことを悟ったのか、エゾリスはやっと離れて行きました。
P2265941.JPG
建物を取り囲むフェンスの上でひと休み。
P2265942.JPG
はい、ポーズ!
P2265944.JPG
ここでも、ポーズ!
P2265945.JPG
有刺鉄線の下を器用に移動するエゾリス。
「春はもうすぐだから、頑張るんだよ。」
P2265950.JPG
リスにお別れを言って間もなく、
楽しげな男女の笑い声が聞こえてきました。
振り向くと、年配のご夫婦らしき方が 仲良く森の中に入って行く姿が見えました。
厚手のダウンコートを着た女性はフードをすっぽりと被ってソリに乗り、
白髪の男性がソリをひいています。
足が ご不自由なのでしょうか。
陽気な女性の声が、静かな森に溶け込んでいきます。
P2265910-001.JPG
真っ青な空に白煙を残しながら、ジェット機が森の奥に消えて行きました。
P2265913.JPG
不意に胸が熱くなり、しばらくその場から動けなくなってしまいました。

POSTED COMMENT

  1. 裕子 より:

    可愛らしいエゾリスですね♪
    こんな風にエゾリスが写真に撮れるなんて、北海道に住んでいたころは、思いませんでした~
    「ジョン・クレア」のバラはとても気に入っています♪
    今年こそは北海道に遊びに行きたいなぁと思っているのですが・・・どうなることやら。
    頑張ってください・・・でも、たまには思いっきり泣くのもいいものですよ。

  2. 茜ちゃん より:

    こんなに近距離で、生き生きした蝦夷リスははじめて観ます。
    自然の中の光景の中には、時々感動することがあります。
    都会を離れてはじめての自然いっぱいの身の回りの生活。
    植物から小さな小動物まで、生命の躍動を感じます。
    今日のブログはドラマ仕立てのようで、とても良い出来です。
    言葉でなく写真の展開で、自然に相手に感銘を与える手法。
    これからもこのようなブログを作って行ってください。
    本日は大潮の干潮。 珊瑚礁の千畳敷の岩場で貝の採取。
    途中、インノーという深みにはまり、全身ずぶ濡れ。
    前方はアメリカまで島が有りません。
    去年は崖から落ちて、九死に一生を得た場所。
    でもここは、渥美清の「瘋癲の寅さん」の撮影現場なのです。
    浅丘ルリ子がヒロインでした。
    加計呂麻島には彼の撮影現場がたくさん有ります。

  3. カタナンケ より:

    度アップの 蝦夷リスや
    初老のご夫婦の ほのぼのとした 風景、、
    あかい リュックがおしゃれで きいてます〜
    すてきな写真がいっぱいの 一日でしたね〜

  4. おまさ より:

    裕子様
    北海道に住んでいらしたのですか。
    じゃあ、エゾリスの可愛らしさを十分にご存じですね。
    ちょこまかと動き回りますが、時々止まってポーズをとってくれます。
    魅力的な被写体です。^^
    青い空と飛行機雲を見ていたら、なんとなくジーンとしちゃいました。
    老婦人の朗らかな声と、優しい白髪の旦那様と、美しい森や愛らしいリス。
    生きていることを大切にしたいと思いました。
    あぁ、そうそう。ジョン・クレア、気に入って頂けてよかった!

  5. おまさ より:

    茜ちゃん様
    自然の中に身を置いていると、自分も自然の一部なんだと強く感じます。
    そうした感覚は 外歩きをする以前にはあまりなかったことなので、
    ちょっと不思議だったり新鮮だったりします。
    自然は美しく厳しく、崇高です。
    体が元気なうちは、いつまでも出歩きたいと思っています。
    崖からの転落。恐ろしい‥。
    くれぐれも気を付けてください。

  6. おまさ より:

    カタナンケ様
    赤いリュック、私もすてきだなぁ~と思いました。
    いい出会いがいっぱいの1日、神様からのプレゼントでしょうか。
    感謝感謝です。^^

  7. natu より:

    おまさ様
    こんばんわ
    ちょこっとご無沙汰でした~
    風邪と月末の忙しさと戦っていました。
    いまだに風邪は治っておりませんが月末の忙しさは
    なんとかこなしました。
    蝦夷リスこんなに近くで撮れて幸せな日でしたねぇ
    耳毛ながい~~~~うふ^^
    きっと防寒&集音ですねぇ
    そして、飛行機雲と静寂・・・
    おまさ様の気持伝わりました!!
    今日もたくさんの写真ありがとうございました。
    さて、3月に入りましたねぇ
    少しづつお花のことここでお尋ねしてもいいですか?

  8. おまさ より:

    natu 様
    おはようございます、natu 様!
    体調が悪いのにお仕事、お疲れ様でした。
    この週末に、ゆっくり風邪を治してくださいね。
    エゾリスは冬になると耳毛が長~くなります。
    自然の衣替え、大したものです。
    お花のことですか?
    私でお役に立てることがあれば、遠慮なくどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です