花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

自然

新緑を歩く

投稿日:

長く続いた良いお天気も、どうやら終わり。
今日から ぐずついたお天気になりそうです。
お天気が崩れる前にと、一昨日苫小牧方面へ行ってまいりました。
が‥
現地は霧雨の降るあいにくのお天気。
普段の行いが悪いとということかなぁ‥。
でも、霧雨の森っていうのも、そう悪くないかも。
しっとりとした森は深みを増し
新緑の美しさを際立てているようにも思えました。
P6126410.JPG
静かな森
P6126387.JPG
賑やかだった鳥のさえずりは消え、
時折 ヒヨドリの甲高い声が頭の上を横切っていくだけでした。
みんな、抱卵中なのかな‥。
P6126343.JPG
川面に映り込んだ新緑が、ゆらゆらと風に揺れます。
P6126439.JPG
池の縁にキショウブが群生していました。
すっくりと立った葉や茎。
ふっくらと膨らんだ蕾や、鮮やかな黄色い花。
控えめだけと芯の強い女性のような、凛とした佇まい。
いいなぁ~。
P6126296.JPG
白い花は、ズミ(エゾノコリンゴ)の花です。
ちょうど満開で
そばに寄ると、甘い匂いが香ってきました。
P6126303.JPG
帰りがけ、なんとなく寄った山野草コーナーで
アツモリソウの仲間を見つけました。
「種で育てる人が居るんだ。」
同じグループと見られる数人の女性に
アtモリソウの説明をしている男性の声が聞こえてきました。
もしかして、これって新種のアツモリソウ?
 
レブンアツモリソウの遺伝子を持った新種のアツモリソウが誕生したって
何年か前にマスコミで話題になったことがあるけど‥。
これがそうなのかなぁ‥。
P6126360-001.JPG
家でぐうたらしている間に、森はすっかり初夏の装いになっていました。
目いっぱい森林浴をして、気分は爽快。
やっぱり外歩き、止められません。

-自然

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.