花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

雨の降る前に

投稿日:

今朝方、たたきつけるような雨が降りました。
せっかく咲いたバラや草花が 雨で傷んでしまう前にと、
昨日のうちに写真を撮っておきました。
ノイバラはほとんど散ってしまいましたが、
アンジェラやアルバ・メイディランドは満開でした。
よろしければ、お庭へご案内します。
さあ、こちらへどうぞ。
ここは、通りに面した西側です。
ガレージの横は、白い花のコーナーになっています。
アナベルの花芽が少しずつ大きくなってきました。
外壁に誘引しているランブラー
「サンダース ホワイト」が、ポツリポツリと咲き始めました。
P7099502.JPG
正面から見るとこんな感じです。
ライムグリーンの葉をした木は、ナツツバキ。
上の方から花が開き始めました。
P7099505.JPG
出窓前のバラやアンジェラは、今が満開。
ラベンダーは、開花まであと一息です。
P7089357.JPG
ミックスボーダーの中に咲く、ブラザー カドフィール。
草花とよく調和します。
P7089406.JPG
スモークツリーは、もこもこ になってきました。
P7089368.JPG
アルバ・メイディランド
P7089366.JPG

キャサリン・モーレー
P7089382.JPG
さあさあ、奥にどうぞ。
P7089359.JPG
アーチに絡ませた、ジャックマニー系のクレマチスが 咲き始めました。
反対側に誘引したアンジェラとの相性、いいですね。
バラのいい香りがします。
P7089413.JPG
アーチをくぐり抜け、バックヤードの庭へ。
どうぞ、コーナーの椅子にお座りください。
P7099459.JPG
ここから見るパーゴラのポールズ・ヒマラヤン・ムスク、なかなかいいでしょ。
P7099473.JPG
カンパニュラ・ラクティフローラ
P7099492.JPG
椅子からの景色は いかがでしょう。
P7099483-001.JPG
そしてこちらは、ミヤママタタビ。
P6308426.JPG
北側の壁面に、こんなに広がりました。
P7059258-001.JPG
もう10年くらい経つでしょうか。
亡くなった夫が、1本のミヤママタタビの枝を
それはそれは嬉しそうな顔をして持ち帰りました。
「崖の縁にあって、取るのに苦労したんだぞ。」と言う夫。
めんどくさいなぁ~と思いつつ、「じゃあ挿し木にしておくから」と答え、
メネデール入りの水を入れた容器に放置しておきました。
「いつ地面に植えるの?」 と繰り返し聞いてくる夫に、
「芽が動いたらね。」と答える私。
どうせ上手くいきっこないと思っていましたが、
ひと月近く経ったある日、
ふと見ると枝から葉が出ていました。
あれ、ついてしまった。
夫は大喜び。
庭の目立つ所に植えようと大張り切りでしたが、
私はなんとかそれを阻止しようと必死でした。
「ミヤママタタビは日陰が好きなんだよ。」と夫に言い聞かせ、
庭の隅のアカエゾマツの裏に植えました。
「え~、そんな所?せっかくのミヤママタタビが‥。」
「いいの!ミヤママタタビのためなんだから。」
なんとか言いくるめてその場をやり過ごし、
しばらくその存在すら忘れていました。
ところがある日、洋書でミヤママタタビが壁面を美しく覆っている写真にばったり。
おぉ~、なんと素晴らしい。
私は慌てて庭の隅っこに走り、
ミヤママタタビは今の場所に移植しました。
悪魔のような私。
白やピンクに染まった葉を見る度、そのことを懐かしく思い出すのです。
ヒゲ君、ありがとう。
今年もたくさんの人がミヤママタタビを褒めてくれたんだよ。
おまけ
P7099427.JPG
ヒゲ君って、誰?

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.