花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行

北海道開拓の村 そのⅡ

投稿日:2017年9月8日 更新日:

朝起きて 窓の外を見ると
西の空いっぱいに大きな虹がかかっていました
 
アスファルトも濡れていないのに虹
不思議です
 
窓を開け  吹き込んでくる風を楽しんでいたら
急に大粒の雨が降り出してきて
慌てて開けたばかりの窓を閉めました
 
空一面の虹は跡形もなく消えて 残ったのは灰色の空だけ
今日は1日 ぐずついたお天気になりそうです
 
 
 
さて 今日は前回の開拓の村の第二弾
 
最初に登場するのは
有名なニシン御殿のひとつ 旧青山家住宅(旧青山家漁家住宅)です
 
ここのニシン御殿は母屋の他にも
文庫倉 石倉 板倉 網倉 米倉なんかが連なっていて とにかく立派
 
旧青山家漁家住宅 (昭和55年収集・昭和58,59年復元 / 小樽市祝津町)
P9050393.JPG
 
では 中へ
 
母屋に入った途端 心地いい匂いがしてきます
何だろうと思ったら 囲炉裏の中の炭でした
 
夏に まさか炭をおこしているとは‥
 
 
「夏でこうなら 冬は寒くて大変でしょうね」
囲炉裏のそばに居たボランティアガイドさんに話しかけると
 
「冬でもこの炭だけなんですよ」 と答えが返ってきました
 
「じゃあ ダウンコートとかいっぱい着なきゃダメですね」 と再び私
 
「半纏(はんてん)で なんとかやっていますよ」
 と にっこりのガイドさん
 
おみそれいたしました
 
P9050405.JPG
 
さて こちらは母屋の屋根部分
 
こういうのを「小屋組」というそうですが
大きくて 高くて すごい迫力でしたよ
 
それにしてもこの広い空間の暖を 囲炉裏の炭だけでまかなうとは
驚きです
 
P9050407.JPG
 
で こちらは住宅内部
 
窓際は1階2階とも 出稼ぎ漁師(ヤン衆)の居住区になっていて
一人に割り当てられたスペースはわずか畳1畳分
 
最盛期には60人ものヤン衆が寝泊まりしていたというから
さぞや にぎやかだったでしょうね
 
今はひっそりと静まり返ったニシン御殿
畳の端には 折りたたまれた布団が整然と並んでいました
 
P9050408-001.JPG
 
 
NHK の朝ドラ「マッサン」のロケ地となった 北海道開拓の村
 
ここニシン御殿は
ニシン漁で一旗揚げた森野熊虎の屋敷として使われたそうです
 
そういえば そんなシーンがあったような‥
 
P9050088-001.JPG
 
ヤン衆 ここで食事を摂っていたんだなぁ
 
P9050082-001.JPG
 
 
旧青山家住宅から離れます
 
 
 
こちらは 爾志郡(にしぐん)熊石町(現在の二海郡八雲町)にあった
「はねだし」と呼ばれる倉
 
はねだしはシニン漁家の付属施設として
海岸の地形に合わせて海側に跳ね出す形で建てられたもので
倉の下に船を着け 床の開口部から直接荷物の出し入れが
できるようになっているそうです
 
ちなみに復元されたこの倉は
漁具や魚 漁粕 身欠ニシン 数の子などの加工品を
収納するために使われたらしいですよ
 
旧土屋家はねだし ( 明治20年頃 建築  / 爾志郡熊石町  )
P9050461.JPG
 
海猫(ゴメ)が鳴くから ニシンが来たとぉ~♪
 
澄み切った青空の下
気持ちよく石狩挽歌を歌いながら ニシン御殿をあとにし
次に訪れたのは 旧浦河公会会堂
 
ここでは薄汚れた心を浄化すべく
讃美歌「いつくしみ深き」を 一人熱唱いたしました
 
気持ちよかったぁ
 
 旧浦河公会会堂 ( 明治27年建築 / 浦河 )
P9050376.JPG
 
 
村には 開拓時代の西洋建築がいくつも残っています
 
代表格がこの旧開拓使工業庁舎で
国の指定重要文化財にもなっているんですよ
 
旧開拓使工業庁舎(明治10年建築 / 札幌)
P9050302.JPG
 
他にもお洒落な西洋建築がいっぱいありました
一部だけど写真だけアップしておきますね
 
旧小樽新聞社 ( 明治42年建築 / 小樽 )
P9050283.JPG
 
旧開拓札幌庁舎 ( 明治6年 / 札幌 )
P9050258.JPG
 
旧札幌停車場 ( 明治41年 / 札幌 )
P9050579.JPG
 
広い広い 北海道開拓の村
半日かけて回りましたが 結局見学できたのはごく一部
 
出直すには まず足腰を鍛える必要がありそうです
 
では またいずれ
 
 
 

-旅行
-,

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.