花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

その他

お隣

投稿日:

昨日、お隣との境界にあるノイバラを手入れするため
脚立を敷地内に置かせていただきました。
脚立の上で作業をしていたら、
お隣のお嬢ちゃんが自転車に乗って友達と一緒に ご帰宅。
「何をしてるの?」
「ノイバラの枝を切っているの。」
「へぇ、これってバラだったの?」
「そうだよ。」
などと 和やかに会話を交わしていましたが
PA070304.JPG
突然友達の1人が、私の目を真っ直ぐに見て
「僕は、〇〇〇〇です。」と自己紹介を始めました。
小学生(低学年)にしてはあまりに立派な態度だったので
ちょっと笑ってしまいましたが、なんだかとっても嬉しくなって
できるだけ背筋をシャンと伸ばして
「私は、〇〇〇〇です。」と挨拶を返しました。
お隣のお穣ちゃんが くすくすと笑いました。
小さな紳士は、なおも
「みんなには、〇〇と呼ばれます。」
と言うので、
「私は、おまさと呼ばれています。」と言いました。
隣のお穣ちゃんは爆笑し、
「違うでしょ。〇〇さんでしょ。」
そう、普段私は お穣ちゃん達に名字で呼ばれています。
どうしてそうなったのか不思議なんですけれど‥。
※※※ ※※※ ※※※ 
今日は午後から天気が下り坂だというので、
雨の降らぬうちにと、早朝から 夫のお墓に行って参りました。
お墓には植栽スペースをつくってもらい、
宿根フロックスやロシアンセージ、ペンステモン、
ラベンダー、ゲラニウムなどを植えています。
まだ少し花が咲いていましたが、早めの冬支度。
草花はカットし家に持ち帰りました。
ロシアンセージのいい匂いが、辺りに立ち込めました。
PA091348.JPG
ラベンダーを強剪定して
お墓をきれいにして、雑草を丁寧に取り除いてっと‥。
PA091354.JPG
お隣のお墓も、きれいになってる。
そう言えば、今年は1度もお会いしなかったな‥。
生けた花を片付けに行くと、
もう花がなくなっていることがありました。
思ったほど雑草が生えていないと、不思議になることもありました。
お隣さんが、さりげなく
助けてくれているような気がしていました。
でも、今年になってから様子が変わりました。
雑草取りは、きっちりと線で引いたような仕上がり具合になり、
私の生けていてた花がなくなっていることもありませんでした。
お加減でも悪いのでしょうか。
最後にお会いしたのは、去年の夏の終わり頃でした。
「お互い、元気でいましょうね。」
そう仰っていたのに‥。

-その他

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.