花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

失敗から学ぼう~

投稿日:

秋になって、ブラッシュ ノアゼットがようやく元気になりました。
冬越しに失敗したせいで
初夏には1輪の花も見ることができませんでした。
涼しくなり始めの頃にできた蕾はウドンコ病になってしまい、これも断念。
今シーズンはもう花は無理かなぁ‥。
と半ば諦めていましたが、ここに来て一気に盛り返してきました。
これには理由がありました。
隣に植えている株立ちのナツツバキ(シャラ)を、思い切って1本立ちにしたのです。
バラに覆いかぶさっていた枝がなくなり、日当たりと風通しが一気に改善され
ブラッシュ ノアゼットは元気モリモリ。
植物は、とても正直です。
PA071313-001.JPG
下の写真は、アオキです。
やはり冬越しに失敗し、一時は枝が数本残るだけになってしまいました。
軸だけになったアオキを見て、よほど抜いてしまおうかと迷いましたが
思いとどまってよかったです。
春先、地面にスコップを入れると
隣のシャラの根がびっしりとはびこっていました。
慌てて根切りをし、とりあえず株の周囲にガーデンエッジを打ち込んでやりました。
それが功を奏したのか、それとも暖かくなったせいで葉が茂っただけなのか、
もしくはその両方のおかげなのか‥。
どちらにしろ、今年の冬囲いは念入りにしてやるつもりでいます。
PA091366.JPG
下の写真の 茶色くなったグラスは、イトススキです。
秋に株分けをして こんな色になってしまいましたが、
株自体が傷んだわけではないので、きっと来年は盛り返してくれると思います。
この時期に最盛期を迎えるものは、春先の株分けが無難ですね。
よく分かっていたのですが、植え替えのときの株間の取り方や
他の植物とのバランスを見るにはこの時期でないと‥
と思い、ついやってしまいました。
この株の片割れを受け取った方々に‥。
ホントに申しわけありませんでした。(汗)
イトススキ君も、ごめんね。
今年の春、フェンス近くにホワイト・メイディランドを植えました。
この場所に植物を植えることで
庭に立体感が生まれるのではないかと期待してのことです。
はてさて、どうなるか‥。
PA091385.JPG
挿し木で増やしたホワイト・メイディランド
PA091380.JPG
鉢植えのゴールデンボーダー越しに撮ってみました。
PA091383.JPG
ゴールデンボーダーは、気温が下がると ほのかにピンクが入ります。
PA091400.JPG
アカエゾマツとセイヨウカンボクの陰になって、
死にかけていたスヴニール・ド・ラ・マルメゾン。
日が当たるようになって、見事復活いたしました。
枝数が増え、グングン成長し、美しい花がたくさん咲きました。
PA091395.JPG
蕾も まだいっぱいです。
PA091405.JPG
ユーパトリウム(チョコラーテ)も、シャラの根切りで蘇りました。
今まで、ごめんね。
PA091363.JPG
最後に登場するのは、ワレモコウ(矮性種)
花壇に花が絶えないようにと、1年草を少し植えていますが
今年は不調でした。
10株近く購入しましたが、なんとか育ったのはわずか3株。
写真はそのうちの1つです。
日当たり、乾燥、高温を好むワレモコウに
雨続きで寒い日の多かった恵庭の気候は酷だったようです。
来年は、クリサンセマム→エリゲロンを考えています。
PA091390.JPG
植物がうまく育たたない原因は様々ですが、
その多くは、日当たり、風通し、土に原因がある気がします。
ただ、好む環境が植物によって様々なので
これがややこしい。
たっぷりの肥料が要るもの、
肥料が多いとよく育たないもの。
乾燥を好むもの、湿り気が好きなもの。
日当たりが良すぎてせっかくの銅葉が緑になってしまったり
日が当たらなくて徒長したり、花つきが悪くなったり‥。
庭づくりを始めて14年。
未だに失敗を繰り返しています。

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.