花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

自然

ねぐら立ち

投稿日:

庭をやっていると 季節の移り変わりに敏感になります。
雪の残る庭でスノードロップやクロッカスの芽を見つけたり、
バラに蕾がついているのに気づいたり、カエデの葉が色づき始めたり。
季節の変わり目は、いつも わくわくします。
鳥の世界も似ています。
P3242388.JPG
春のウグイス、夏のオオルリ、秋のシギ、冬のオジロワシ。
そして春と秋にやってくる渡り鳥。
そろそろ 本州からマガンが飛来してくる季節になりました。
ピークはもう少し先のようですが、朝から晴れるとの予報を信じ
早朝、ウトナイ湖に向かいました。
着いた時間は午前5時15分。
薄暗い上空を数羽のマガンが飛んで行きます。
慌ててカメラを用意し、湖岸へ走りました。
三脚にカメラを固定する間もなく
マガンの群れ(第1陣)が一斉に飛び立ちます。
ぎりぎりだったなぁ‥。
P3242141.JPG
切り絵のような風景
P3242262.JPG
この日のギャラリーはわずかでした。
P3242265.JPG
やがて陽が昇り、辺りが真っ赤に染まります。
湖面に映り込んだ太陽が眩しい‥。
P3242390.JPG
P3242425.JPG
申し分のない空です。
「お願い、そろそろ飛んでおくれ‥。」
心の叫びが聞こえたのかどうか、第2陣が深紅の空を飛んでくれました。
P3242357.JPG
オナガガモも薄っすらピンク色に‥。
P3242416.JPG
本州で冬を過ごしたマガンたちは
ウトナイ湖や宮島沼などの中継地で羽を休め体力をつけた後、
繁殖地であるシベリアへ旅立っていきます。
毎年繰り返される春の大イベント。
季節に寄り添う暮らし、大切にしたいな‥。

-自然

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.