花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

自然

樽前ガロー

投稿日:

P6183041.JPG

P6183044.JPG

P6182939.JPG

 

 

 

 

 

 川の両側には切り立った岩盤が連なり、

岩盤には苔が一面に張り付き‥。

おぉ、なかなかの景観です。 実に神秘的。

先日、苫小牧にある樽前ガローに行ってまいりました。ガローというのは東北地方の方言で、「崖の間を川が流れる場所」という意味があるのだそうです。

岸壁にこびり付いた苔は、まるでフカフカの絨毯のよう。右上の写真がそれです。ね、スゴイでしょう ♪

 

P6182972.JPG

趣のある独特の雰囲気

流れる水は、どこまでも澄んでいて

思わず手を入れたくなります。

 

 

P6183031.JPG

P6182989.JPG

川の周囲には天然林が見られ、ハルゼミの鳴き声や野鳥の声も聞こえてきます。

全長およそ2km、面積にすると8・6ヘクタールにわたる広大な樽前ガローです。

 

P6183075.JPG

P6183191.JPG

駐車場近くにある滝は、それほど大きなものではないけれど、

支笏火山の熔結凝灰岩とやらが侵食されてできたという岩に囲まれていて、不思議な世界に紛れ込んだような気持ちに‥。

 

右のトンボの写真は、ガローの近くにある錦大沼公園で見つけたトンボです。 ちょっと 差し色に使ってみました。ダメ?

これから暑くなってきます。涼を求めて、樽前ガローっていうのもいいかもしれませんよ。

 ‥それにしても聞きなれないあの大きな鳥の鳴き声‥何だったんだろう。 もしや、アカショウビン?

-自然

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.