花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

庭案内2010 初夏その3

投稿日:

P6296792.JPG

昨日まで咲いてなかったのに、あらもうこんなに?

そんな感じで、次々に開花していくバラ。

これは写真を撮るのもアップするのも大変だ‥。

おっといけない。つい愚痴っぽくなってしまいました。

さあ 気を取り直して、新たに花を咲かせてくれた健気な面々を 紹介することに致しましょう。

では、まずはノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)から。

このノイバラ、我が家では道路と庭の境界にあるスッキリポール(電気の引き込み柱)に誘引しています。数日前に開花が始まったと思っていたら、あっという間に満開になってしまいました。

開花期間はさほど長くないけれど、花後にできる実が魅力的です。トゲが少ないしステムもやわらかくて誘引しやすい。それに、なにより丈夫です。今や我が家に、このバラは欠かせません。

ボリュームいっぱいに咲く花は、存在感があります。高価な鉢などを買わなくても、開花時は庭の立派なフォーカルポイントになってくれます。 バラ好きの皆様、ツルバラを利用しない手はないかもしれません~♪

 

P6286698.JPG

P6296756.JPG

P6296754.JPG

 

 

 

 

 

 

次に登場するのは、紫色の花が美しい「ラプソディー イン ブルー」 ♪♫♪

白い小花と中輪の紫の花のコンビネーションを楽しみたくて、ノイバラのそばに植えてみました。

でも、もうちょっと近づけた方がよかったかな‥。

 

P6296782.JPG

P6286642.JPG

昨日から、アーチのアンジェラも開き始めました。濃いピンクの花は、中間色の多い我が家の庭をグッと引き締めてくれる大切な存在です。

このアンジェラは、庭をつくりだして間がない頃からずっとあるツルバラ。‥夫がいて、子供達がいて、私がいて、ワンコがいて‥。あの頃と変わらず、今年もまたキレイな花を咲かせてくれました。

 

P6286638.JPG

P6296768.JPG

P6286722.JPG

P6286725.JPG

ボーダー花壇の中にあるバラ達も次々に開花してきました。

左上のアプリコットピンクのバラは、アンブリッジローズ。

とても香りのよいバラです。

直立する小型のバラなので、花壇に入れて管理するのも楽チンです。

その隣のバラは、メアリーローズ。ご覧の通りの花つきの良さです。

下の段、左はオールドローズのマダムアルディー。ボタンアイが魅力的です。

そして、その隣の葉っぱ。そうです、これこそまさしくハキリバチの仕業による芸術的産物。 今年も、ブンブン飛んできて巣材に切り取って行ってるようです。‥しくしく。

P6296774.JPG

P6296773.JPG

最後に紹介するのは、東側の花壇にあるポールズ・ヒマラヤン・ムスクです。

もう少ししないと咲かないだろうと思っていましたが、意外に早く咲き始めました。

満開になるのは数日後でしょうか。 6月下旬の庭、今のところ こんな感じです。

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.