花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

庭案内2010 夏 その1

投稿日:

4日の午後、集中豪雨に見舞われた恵庭市。停電になったり、電車が止まったりと、雨の降り方は尋常じゃなかったようです。たまたま留守にしていたので直接大雨を見たわけではありませんが、帰宅して見た庭は ボロボロでした。(涙)

写真は雨の降る数時間前に撮ったものです。薄日のさす穏やかな天候でした。生き生きした植物の姿、どうぞご覧くださいませ。    

    【 カシワバアジサイ 】         【 ホタルブクロ 】            【 セッコウボク 】

P7037104.JPG

P7037079.JPG

P7037087.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

        【 斑入りヨメナ 】

P7037156.JPG

P7037134.JPG

斑入りヨメナ。秋に小さな紫色の花を咲かせます。

でもどちらかと言うと、この斑入りの葉が魅力的。

これは何ですか?と、よく尋ねられる草花の1つです。

 

隣の白い小さな花は 知人から戴いた大切な花ですが、残念ながら名前が分からなくなってしまいました。茎は細くきゃしゃに見えますが、これがどうしてどうして、スックリと立ち上がってカッコイイ。お気に入りの宿根草です。

     【 グラミス キャッスル 】         【 ジャック カルチエ 】

P7037064.JPG

P7037173.JPG

バラもいい感じで咲いていました。

グラミス キャッスルは白花と言われていますが、咲き始めに写真のようにアプリコットがかることが少なくありません。

 

 

  【 アルバ メイディランド 】      【 シュノー プリンセス 】    【 フェルディナン ド ピシャール 】

P7037068.JPG

P7037069.JPG

P7037092.JPG

 

 

 

  

 

 

 

 

アルバ メイディランドは、扱いやすくて重宝なバラです。あまり大きくなるツルバラはちょっと‥という方にはもってこいのバラ。花つきがよく、しかも四季咲き。ステムがしなやかで誘引しやすくトゲも気になりません。ちなみに我が家では、オベリスクに誘引しています。

P7037112.JPG

P7037165.JPG

スモークツリーは あっという間に大きくなるのが悩みの種。

剪定をして小さく仕立てようとすると花芽を落としてしまいます。

その点便利なのが、矮性種のスモークツリー。

写真のスモークツリーがそれで、名前は「ヤングレディー」です。

今年も、ご覧の通り 花がいっぱい咲きました ♪ 

 

P7047391.JPG

あぁ‥それなのに、それなのに。楽しいドライブから戻ってみれば、何なんだろうこの庭は。

キレイだったアンジェラはボロボロ。

ポーールズ ヒマラヤン ムスクはグチャグチャ。

ムルチフローラは完全に花が散って、草花はお辞儀をし、倒れ、折れている。 

 

とまあ さんざんな庭となっていましたが、ここで悲惨な写真をお見せしたところでつまりません。雨にも負けず、カミナリにも負けず、健気に頑張ってくれた我が家の かわいこちゃん達を紹介するとしましょう。

P7057413.JPG

P7057435.JPG

P7057417.JPG

P7057422.JPG

P7057406.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は左上から、

アルバセミプレナの葉

ハーグレーハイブリッド

ブラッシュノアゼット

キャサリンモーレー

P7057445.JPG

P7057447.JPG

ジョンクレア

アナベル

ロマンチカ

ナツツバキ

トラディスカンティア

となっております。 

P7057441.JPG

P7057433.JPG

今回の突然の大雨で、窓を開けたまま外出し悲惨な目に遭った友達が数人おりました。

なんだか今年はゲリラ豪雨なるものが多発する傾向にあるとか。

 

蒸し暑い日が続きますが、皆様 くれぐれも戸締りには注意いたしましょう~! しくしく。

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.