花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

耐暑性

投稿日:

P8233154.JPG

P8233153.JPG

まだまだ暑い日が続いているけれど、庭のバラは既に秋の濃い色合いです。

ちょっぴり小さくても繰り返し咲いてくれる四季咲きのバラ。

 

P8212780.JPG

P8212786.JPG

今回は、そんなバラ。それも暑さに強い、花つきのよい品種を紹介することにしました。

1段目の左は、アンヌ・ボレイン。右が、ジョン クレア 。

 

P8222836-1.JPG

P8212789.JPG

2段目の左が、ブラザー カドフィール。右が、ラプソディー イン ブルー。

3段目の左が、ゴールデン ボーダー。 そして右が、アンブリッジローズです。

  

暑さに負けずにキレイな花を咲かせてくれるバラ。その逞しさには脱帽です。この逞しさや四季咲き性の良さは、バラの品種選びの大きなポイントの一つになるかもしれませんね。

でも我が家の庭のなかには、蒸れと暑さにに耐えきれず 悲鳴をあげている草花もチラホラ。トロトロになった斑入りイワミツバよ。大丈夫かぁ?下葉の枯れこんでいるゲラニウムよ、大丈夫かぁ? 

下の植物達は暑さをものともせず、元気いっぱいのタフガイ達です。植物選びに、これからは北海道でも 「耐暑性」を考慮しなくっちゃけないかもしれませんね。

 

P8233139.JPG

P8233137.JPG

左の写真は、セダム( パープル エンペラー )

右の写真は、宿根フロックス(パニキュラータ )

 

 

 

P8233144.JPG

P8233146.JPG

左がスタキス モニエリ

右がセッコウボク 

下の段、左が柏葉アジサイ。

右が、エキナセア(ホワイト・スワン)です。 

 

P8233152.JPG

P8222834.JPG

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.