花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

動物

マガンの子

投稿日:

P9227100.JPG

PA070210.JPG以前紹介した長都沼のハクチョウとマガンの子。

覚えているでしょうか?

春に、群れと一緒に 北に渡ることの出来なかった3羽です。

傷ついて飛べなくなったオオハクチョウと、まだ小さかったマガンの子。

3羽は、今も変わらずいつも一緒です。

ただ、マガンのくちばしの付け根はすっかり白くなり ずいぶん大人びてきました。

 

秋も深くなり、北からの渡り鳥を見る機会が増えてきました。シベリアで夏を過ごしたマガンやヒシクイは、厳しい冬を迎える前に日本に南下。

中継地として飛来した北海道で、疲れた体を休めます。長都沼にも、春に旅立ったヒシクイやマガンが再び姿を見せるようになりました。

風にのって聞こえてくるマガンの群れの鳴き声。

それまでハクチョウとのんびり寛いでいたマガンの子は、声の方を食い入るように見つめ、応えるように小さな鳴き声を上げ始めました。ハクチョウのすぐそばで‥。本当に小さな小さな声で‥。 

うえ~ん。なんだか、泣けてきます。

 

PA121267.JPG

PA121265.JPG

  

  

 

 

 PA121272.JPG

PA121253-1.JPG

 

 

  

 

 

 

 

その小さな鳴き声が、群れに届くことはないのかな‥。 切ないなぁ。

群れが本州に渡っていく前に、奇跡が起きないかなぁ‥。

-動物

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.