花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

初夏の庭 その2

投稿日:

銀河庭園の写真はまだまだ残っているし、イコロの森の写真も‥。それに「さわら」の公園デビューの写真も早くアップしたいなぁ‥。でも我が家の庭の写真もどんどんたまってきてるぞ。う~ん。それじゃあ銀河庭園はひとまずお休みして、1度庭の写真を掲載するかなぁ~♪ 

ということで、今回は我が家の庭の最新情報です。 

P6292714.JPGP6262068.JPG

P6262076.JPG待ちに待ったバラが、ここにきて次々に咲き始めました。

それにしても、ずいぶん蕾がついてるなぁ~♪

そう!バラに拘わらず、今年は花木類の花つきが抜群なんです。

そう言えば、ツルアジサイがこ~んなに咲いたのも初めてかもしれませんねぇ。

どうして年によって花つきが大きく違ってくるのか?

皆は天候のせいだと言うけれど、天候がどうなると花つきが良くなるのか‥う~ん、謎です。 

P6262440.JPG

P6262086.JPG

初夏に咲く宿根草も、良い感じになってきました。

フタマタイチゲの白い花の向こうには、ラベンダー。

その向こうには、ゲラニウム(ケンブリッジ)が赤紫色の花をいっぱいに咲かせています。

真夏に花を咲かせる宿根草も植えてはいるけれど、やっぱり草花の華やかなのは今かもしれないなぁ‥。

 

P6282520.JPG

P6282533.JPG

こちらはイングリッシュローズ(ER)のキャサリン・モーレー。

上品なソフトピンクの花はクラシカルなカップ咲き。

いいですねぇ~。

あっ!そうだ、忘れてた!

ちなみに右上の写真は、オールドローズのスタンウェル・パーペチュアルです。(汗)

P6282532.JPG

P6282543.JPG

そして左端の濃いピンク色のバラは、ERのメアリーローズ。

隣の黄色いバラは、修景バラのゴールデンボーダーです。

メアリーローズやルデュテは、ERのなかでも比較的早く咲きま~す。

 

P6262444.JPG

P6262079.JPG

不思議な花「アストランティア」も、キレイに咲いてきました。

この花はホント個性的ですよね。

初めて見た時は「面白い花だなぁ~。」と思っただけでしたが、そのうちすっかりその魅力の虜になってしまいました。

手に入れるため あちこち探したっけ‥。

P6262437.JPG

P6262431.JPG

左端の写真は、ゲラニウムのビオコボ。

このビオコボは、触るといい香りがします。

ハーブもそうですが、手入れをしていて香りが良いと気分爽快 ♪

庭仕事もはかどります。

隣の星型の花は、アムソニア(チョウジソウ)です。

先日イコロの森に行ってきましたが、同じアムソニアと思えないほど びっしりと花がついていました!どうして我が家のアムソニアは しょぼいのか?日当たりの問題かなぁ‥。

P6272466.JPG

最後は、窓越しに見た クレマチスの「サマースノー」です。

まだ蕾ですけれど、白くて小さな十字型の花をたくさん咲かせます。

ちなみにこのクレマチスはビタルバ系で、花はその年に伸びた新梢につきます。なので剪定は強剪定。春先に充実した花芽を残し思い切ってチョキンと切っても大丈夫のようです。

野趣あるれる素朴なサマースノー。今年はどんなふうになるのかなぁ‥。

以上、我が家の庭 最新情報でした~!

-

Copyright© 花咲かおまさ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.