花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行 自然

野付半島

投稿日:

 
ブログでは「流氷クルーズ」の話から始めましたが、
実際の旅の始まりは野付半島からでした。
野付は根室半島と知床半島のちょうど真ん中辺りにある全長26Kmの小さな半島で、
根室海峡に突き出たその形は まるで釣り針のように見えます。
島全体が、砂嘴(さし)と呼ばれる 海流によって運ばれた砂でできています。
根室海峡上空を舞うオオワシ。
背景に見えるのは、多分‥知床連山かな?
カムチャッカで繁殖したオオワシたちの多くは、越冬のため野付半島に渡ってきます。
こんにちは~!
ずいぶん気持ちよさそうだね ♪
P2141740.JPG
ここで餌をまく人は何処にもいないけれど、
あちこちでオジロワシやオオワシの姿を見ることができます。
ちなみに、このオオワシのそばには
打ち上げられたアザラシ(多分)の死体がありました。
P2141823.JPG
野付湾側には、エゾシカの群れ。
どうやら、メス群れのようですね。
P2141860.JPG
下の写真は、オオワシの幼鳥とオジロワシの成鳥。
これこれ、仲良くしなさいな。
P2141953.JPG
キタキツネもいました。
元気そうに見えましたが、尾っぽは毛が抜けてまるで紐のようでした。
キタキツネには「アルカス」という皮膚病があるそうで、
抜け毛が全身に広がると命取りになると聞きます。
ふさふさの毛なしに、厳しい北国の冬を越すことはできませんものね。
可哀そうだな‥。
P2141988.JPG
エゾシカさん、じっとこちらを見ています。
大丈夫だよ。 私、無害だから。
P2142011.JPG
凍りついた冷たい野付湾を、傾いた太陽が朱に染めていきます。
P2146589-1.JPG
暗くなった雪原を走る1匹のキタキツネ。
この子の尾は、大丈夫だな。
P2146635-1.JPG
やがて辺りは闇に包まれ、野付半島の旅は終わりました。
P2146610.JPG
おまけ
翌日のお話。
流氷クルーズが終わるなり、突然やってきた猛吹雪。
しばらく大人しくしていましたが、数時間後には青空となったので
カメラを持って風連湖方面へ向かいました。
途中、たくさんのエゾシカに会いました。
P2152798.JPG
道路を横断するときは、気を付けるんだよ~。
P2152815.JPG
根室海峡を背景に。
はい、チーズ!
P2152831.JPG
海の向こうに見えるのは、根室半島。
P2152821.JPG
P2152867.JPG
走古丹辺りで日が暮れてしまい、結局風連湖を見ることはできませんでした。
短い撮影旅行、残すは1日だけです。
P2152850.JPG

-旅行, 自然

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.