花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行 自然

カムイミンタラ

投稿日:

P7041114.JPG先日望岳台へ行ったばかりですが、3日ほど前にまた旭岳へ出かけて来ました。
標高2219mの旭岳は、北海道で1番高い山です。
ロープウェイで1600mの姿見駅まで移動し、三脚を担いで散策路を歩きました。
雪渓を踏みしめながら見る高山植物は、水滴をまといキラキラと輝いて見えました。
なんと‥美しい。

P7041004.JPG

P7040999.JPG

左の2枚の写真は、チングルマです。

こう見えて、バラ科の落葉低木に属します。
 
花が終わると、右の写真のような綿毛ができます。
 
P7040991.JPG
そしてこちらは、エゾノツガザクラ。
こちらはツツジ科の常緑小低木に分類されます。
わずか20㎝足らずの木。
高山に育つものは、おチビさんが多いのですね。
写真は全て クリックするすると大きくなります。カチッ!
 
美しい高山植物に囲まれているのは、シマリス。まるでおとぎの国のようですね。
カムイミンタラ。アイヌの人々は大雪連山をそう呼びました。「神々の遊ぶ庭」という意味だそうです。
P7041123.JPG
P7041022.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P7041717.JPG

ハイマツの上にとまっている この赤い鳥は、ギンザンマシコ。
国内では北海道の高山帯のみで繁殖するアトリ科の鳥で、氷河期の証人とも呼ばれています。
この小さな赤い鳥を撮りに、旭岳まで出かけました。
数年越しに叶ったギンザンマシコとの出会い。
もうドキドキでした。
詳しくはこちらをご覧くださいね。
おまさの野鳥日記
          おまけ      ね~んねん、ころりよ~♪
P7030719.JPG
P7030721.JPG

-旅行, 自然

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.