花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

旅行

ラスベガスへ

投稿日:

一昨日、北海道に戻ってきました。旅行のためしばらくお休みしていたブログですが、今日からまた再開したいと思います。少しの間ガーデニングと関係のない話が続きますが、どうぞお許しくださいね。

それでは、ぽんこつ旅行記の始まりです。
まずは、成田空港から。今回の旅行の目的地の1つはラスベガス。ロサンゼルスで乗り継ぎ予定です。
下の写真は、デルタ航空の搭乗手続きに並ぶ長~い列‥の「一部」。
成田には2時間以上前に着いていたので、たっぷりと時間があると思っていましたが、何だこの人の数は‥。

P3146735.JPG
P3146734.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後尾に並びひたすら待つ娘と母。(旅は娘と2人で行きました。)
混雑の原因は、前日の強風で欠航した2便がこの日に振り替わったためのようでした。
P3146738.JPG
P3156739.JPG
ギリギリで出発時間に間に合い、機内に乗り込めてホッ。
良かった、良かった。
ところが‥今度は飛行機がいつまで経っても飛びません。
しばらくしてアナウンスが入りました。
乗り継ぎのお客様を待つため、もうしばらくお待ちください。
まっ、それなら仕方ないよね。
結局 飛行機が出発したのは、予定より1時間半遅れ。
ロサンゼルスに到着したのも、やはり1時間半遅れの10時30分でした。
ラスベガスへの乗り継ぎには 当初2時間40分ほどの余裕がありましたが、この遅れでほぼ1時間となってしまいました。
入国審査はあるし、荷物を受け取って預け直さなきゃいけないし、手荷物検査もあるし‥1時間で大丈夫?
とにかく、やるしかない!急げ~!
P3238160.JPG
努力むなしく、カウンターに着いた時には既に飛行機が離陸した後でした。(涙)
幸い うまい具合に後続便に空きがあったので事なきを得ましたが、ラスベガスの到着は1時間半ほど遅れることになりました。
娘は現地の係員さんに、到着が遅れることを携帯で連絡。
面倒なことは全部、娘に押し付ける私でした。
その後手荷物検査を終え、ようやく着いたラスベガス空港。
手荷物受け取り所で現地の係員さんに会えた時には、正直ホッとしました。
 
          ロサンゼルス空港                ラスベガス空港(手荷物受け取り所)
P3156744.JPG

P3156746.JPG

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
用意されたバスに乗ってホテル(バリーズ)まで送って頂いた後、チェックインをして係員さんとお別れ。
2人とも長旅で疲れていたので、しばし休息をとることにしました。なにしろ待ち時間を含めると、成田からロサンゼルスだけでも合計13時間以上飛行機に乗っていた計算になりますから。
P3156763.JPG
P3156790.JPG
ホテルの窓越しに見たラスベガスの景色です。
真っ青な空に美しい建造物が際立って見えました。間もなく日が落ちて、建物に光が灯り始めました。
P3156796.JPG
P3156822.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P3156827.JPG部屋からベラージオの噴水ショーが見えました。
命が吹き込まれたように水がうねり、弧を描き、舞い上がり、やがて力を失い落ちていきます。それは、予想以上の美しさでした。
かすかに聞こえる音楽と、まるで打ち上げ花火のような音が、疲れより好奇心を刺激します。
ねぇ、ちょっとだけ噴水ショーを観に行かない? いいよ~。
 
ホテルのカジノフロアを通り抜け「ストリップ」に通じるネオンのトンネルをくぐります。
トンネルの動く歩道は、異次元の世界に移動するための魔法の道のように思えました。
まるでお伽の国だ‥。
ちなみに「ストリップ」というのは、ラスベガスの中心を南北に走る大通りのことで、別名ラスベガスブルーバード ( Las Vegas Blvd. )といいます。
 
P3156861.JPG
P3156857.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P3156859.JPG
P3157026.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はここまで。ベラージオの噴水ショーの詳細は、次回のブログで改めて紹介したいと思います。
長々とお付き合いくださって、どうもありがとうございました。

-旅行

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.