花咲かおまさ

北海道のガーデニングブログです。雪国でイングリッシュガーデンを楽しんでいます。

その他

庭で写真を

投稿日:

P9196703.JPG
P9196706.JPG

100943.JPG

 

 

 

 

 

 

こちらは普段私が使っているカメラとレンズです。

オリンパスのデジイチで、レンズは14~42mmの広角レンズと、70~300mmの望遠レンズの2本。真ん中の写真のレンズが70~300mmのレンズで、普段撮っている写真のほとんどはこれで撮っています。

下の写真は、全て望遠レンズで撮りました。同じアナファリスの花も、焦点距離を変えることでずいぶん違って見えますねぇ。

望遠側にズームして焦点距離を長くすると 遠くのものも大きく撮れてボケ味が出るし( A,B.D )、広角側にして焦点距離を短くすれば 広く写すことができます( C.E )。

AとBは同じ焦点距離(望縁側にめいっぱいズームした状態)で撮りましたが、被写体との距離に違いがあります。被写体との距離をできるだけ近くとると( A )、更にボケ味が際立ちます。

 A. レンズ焦点距離 300mm           B. 300mm                C.104.0mm       

P9146533.JPG

P9176599.JPG

P9176600.JPG

 

 

 

 

 

  D. レンズ焦点距離 300mm           E. 70mm

P9176568.JPG

P9176567.JPG

こちらは修景バラの、クリスタルフェアリー。

ズームの使い方で、ずいぶん感じが違ってきますね。

 

これらの写真はどちらも望遠レンズを使っていますが、広角レンズを使った場合はもっと広く、近くから遠くまでピントの合った写真が撮れます。広角レンズを使った写真は、また次の機会に紹介するとしましょう。

‥って、なんだか硬いねぇ。 カメラとレンズの紹介は改めて別のコーナーでもする予定です。興味のある方、もう少しお待ちくださいね。

 

下の写真は今、我が家の庭に咲く元気なかわいこちゃんです。

P9176607.JPG

P9186683.JPG

P9196710.JPG

 

 

 

 

 

 左上から、イソギク、アリッサム、ジョンクレア(イングリッシュローズ)。

写真のアリッサムは、春や秋に開花するだけでなく、夏の間もずっと咲き続けていました。サンガーデンさんで購入しましたが、何でも新しく改良されたタイプだとか。普通のスィートアリッサムに比べるとずいぶん大型です。北海道でも越冬するかもしれないとのことでしたので、冬前に地植えにしてみようと思っています。

 

P9186684.JPG
P9176579.JPG

数えるのが大変そうな蕾の数のバラは、大好きなブラッシュノアゼット。

大輪の花は、優雅で美しいキャサリンモーレーです。

それほど手入れしてやっていないのに、みんな健気だなぁ‥。 

私も文句ばっかり言ってないで、真似せねば~。

-その他,

Copyright© 花咲かおまさ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.